2009年11月25日

ようやくオークションに出品


カラスのオペラを出品すると決めてから、何日過ぎたのだろう?
手続きに時間が掛かり、ようやく、本日出品することが出来まし
た。

中には新品が2組もあり、全て全曲盤で600円に設定しました。

商品価値としてはそんなもんだろうと思い価格設定したのですが、
本音を言えば、思い入れがある分、その値段より高値が付いたと
しても、少々複雑な気分。

初期盤を求めるようになって、初期盤が手に入ったら、手のひら
を返したように、聴かなくなっていたくせに、手放すとなると、
思い出ばかりが蘇ってしまう。

レコード屋か、オーディオ屋になったら毎日楽しいだろうなぁと
中学時代は思ったけど、

 お願いそのレコードは、買わないで!

とか、

 このスピーカーだけは非売品です。

な〜んて言ってたら商売になりませんしね。

もともと、溢れかえったレコードたちを処分すると決めたのだか
ら、ここは一つ、シビアにいかないと。

でも、もし買って頂けたら、大切に扱って欲しいと思うのです。
そして、何度も何度も聴いて欲しいのです。


娘を嫁にやるときもこんな気持ちなんだろうか?

そんな日の夜は、以前に紹介したグールドのバッハの
ゴルドベルグ変奏曲を思い出に浸りながら聴くのかな?



ラベル:オークション
posted by メタボパパ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オークション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。