2009年10月26日

ショルティ/モーツァルト:魔笛

家族にはあまり認められていないこの趣味も、子供達が好き
な曲がかかると、和やかな雰囲気になる。

このモーツァルトの魔笛がまさにそれで、夜の女王のアリア
になると、一斉に「ハー、ハハハハハハハハハー...」と
歌い出す。

これだけならまだしも、アリアが終わるともう一度かけろと
うるさく、いつも最後まで聴くことが出来ない。

しかも、「ハー、ハハ...」をいつまでも、いつまでも歌
い続けるのでチョッとウンザリ。

最近、車のCMにこの曲が使われているので、頻繁にこの状
態になってしまう。

今回ご紹介するショルティ盤は、メリハリがあって、力強い
し、録音がいい。

SET479j.jpg   SET479.jpg
英DECCA SET479−81

写真は初期盤だが、デジタルリマスター盤でも音が良いので、
こちらで聴いて、気に入ったら初期盤を求めても良いと思う。

他にも演奏、録音ともに素晴らしいクレンペラー盤や(ルチ
ア・ポップの夜の女王が特にいい。)、演奏だけなら、モノ
ラル盤の英コロムビアのカラヤンもお薦めなのだが、録音が
くぐもった感じで、複数の英盤の他、独、仏盤も購入したが、
いい音のレコードに出会っていない。

クレンペラー盤とカラヤンの旧盤については、また別の機会
に書いてみたいと思う。
posted by メタボパパ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:J〜M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。