2009年10月25日

DMM盤について

DMMとはダイレクト・メタル・マスタリングの略で
独テルデックが開発した技術で、80年代、私が、ク
ラシックに目覚め、輸入盤のレコードを買う頃なると
新譜はデジタル録音で、多くのレコードにDMMマー
クもしくは、デジタりーリマスタードの文字が入って
いた。

DMM.jpg  リマスター.jpg
  DMMマーク      デジタリー・リマスタード

必然的にDMM盤を聴くようになり、多感な時期に、
DMM盤の音とともに過ごした。

初期盤にはまってからは、ほとんど聴くことがなくな
っていったのだが...

最近、オークション用のレコードを選んでいるので、
DMM盤を再び聴く機会が増えた。

久しぶりに聴いたら、以外に音がいいことに驚いた。

もっとプチパチいうかと思ったら、本当に静かで、高
音が伸びている。しかも、CDのようなエッジがきつ
い感じがせず、親しみのある音で十分楽しめた。

初期盤と比較するとクールな感じがするが...

オークション等でレコードプレイヤーも多数出品され
ているし、CDしか聴かれていない方も挑戦されてみ
てはいかがでしょう。(アンプによってはフォノイコ
ライザーが必要ですが。)

前回のブログで、モノラルから初期盤への道へと推奨
したが、CDからレコードへの道もいいもんですよ。

posted by メタボパパ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。