2011年10月30日

オルトフォン(ortofon)のシェル(その2) 〜どちらを使うか

 
今日は昨日の続きから。

SMEのアームの場合、スライドベースがあるので、穴の位置をうまく合わせておけば、アームをスライドさせることによりSPUのAもGも使える。

〜 スライドベース.jpg

しかし、トーレンスプレステージ用のベースを購入した際、何故かGシェルしか使えない位置に穴が開いて(標準仕様らしい)おり、思いっきり内側にスライドさせてもAシェルではオーバーハングが合わなかった。

穴を開け直せばいいのだけど、どうも見栄えが悪くなりそうなのと面倒くさかったのでそのままにしている。

それともう一つ、細かい話なのですが、SME3012R−GoldにSPU−AEを付けると、指掛けの部分がシルバーなのでここの色目が合わないということ。

これ、実際に触るところなので、一度気になり出すと結構気になってしまうのです。

てなわけで、Gシェルのゴールドタイプを購入し、

 コーディネートはこーでねーと。

などとオヤジギャグを飛ばしながら一人贅に入っていた。

このときはAとGの音の差をあまり意識していなかったように思うし、知人宅で

 このレコードにはこのカートリッジ(Aシェル)じゃないとダメなんだよ。

と言われてAとGを聴き比べたが、どっちでもいいように感じた。

ということでステレオ用はSPUのGシェル、モノラルはAシェルから外したSPU−monoを使用し、長いこと聴いていた。

ところが...つづく


*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:19| Comment(5) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。