2011年10月29日

オルトフォン(Ortofon)のシェル 〜AとG


オーディオに関心のあるかたならオルトフォンの名前くらいはご存知のことだろう。

特にアナログをずっとやられて来られたなら、「何個か持っているよ」と仰られる方もいらっしゃるでしょう。

オルトフォンの代表的なカートリッジであるSPUはステレオ・ピック・アップの頭文字をとったもので、MC型の原型とも言われ、ステレオ初期から様々な変遷を経ながら未だに生き残っている。

私がオーディオに興味を持った頃、SPUは4万円前後だったけど、SPU−Goldが登場して以来、価格はドンドン高騰し、今や針交換すら儘ならなくなってきた。

レコードを聴く人間が少ないのだから、価格が上昇するのは致し方ないとしても、ちょっと高級な材料を使っただけで法外な価格設定にするようなことはやめて、もう少し庶民に手の届くようにメーカーも頑張って欲しいと思う。

そんな製品を試聴し、評価(?)しているオーディオ評論家の方々も、いくら生活のためとはいえ、もっとその辺りもキッチリと指摘する評論をお願いしたいと思う。

話は脱線しちゃったけど、このSPU、中の発電機構は同じでAとGの2種類のシェルがある。

〜 AとG.jpg
左がAシェルで右がGシェル

重厚で堂々と響く点は共通しているが、伸びやかな感じのGシェルに対し、ギュッと凝縮した感じなのがAシェルで、見た目の印象と一緒なのが笑えるが、特に低域に差があるように思う。
(あくまでもSPUのAとGの比較としてですが)

ただ、ウチの場合、AシェルはオルトフォンのRF297、GシェルはSME3012R−Goldを使っているので、音質差はアームによる影響も加味されている。

それでもシェルから外して使うと、さらに開放的になることから、このシェルが音質の一端を握っていることは明らか。

どっちがいいの?というと、これがどっちとも決めかね、どっちも持っていたいので始末が悪いのだが、元々はAシェルしか持っていなかった。

ただ、トーレンスプレステージの金を所々に使った温かみのある色目に対し、オルトフォンRF297の黒とシルバーの寒色系の色目は地味で合わないのが気になっていた。

そんなとき、よく利用していたオーディオ店でSME3012R−Goldを見つけ、これなら合うと前々から思っていたし、しかも結構まけてくれるというので購入することに。

実際に取り付けてみると色目もデザイン的にも合っていたので買ってよかったと思った。

ところが...つづく


*** ご連絡 ***

週末しかブログを見ることが出来ませんので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思います。何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 16:55| Comment(7) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。