2011年08月15日

スピーカーの用途って? 〜パスラボ アレフ0s登場

 
頂いたコメントの返事で、4台のスピーカーを用途別に使い分けていると書いたのだが、自分で

 スピーカーの用途別って、どういうこと? 用途なんて一緒だろー!

と自分に突っ込んでしまった。

用途としては何となくこんな棲み分けになっている。

タンノイオートグラフ      : クラシック、レコード(モノラル、ステレオ初期)
B&W801マトリックスS3  : クラシック、CD、レコード(60年代後半〜)
JBL S3100         : ジャズ、CD、レコード
アルテック Model14    : その他(映画も含む)

と、書いては見たもののタンノイでCDを聴かないということもなく、実際のところかなり曖昧ではある。

その上、タンノイとB&Wは聴いていたが、JBLを聴くときはB&Wと交換する必要があったのと、グライコで細かく調整してからというもの、もう動かしたくないというのが本音で、ほとんど繋いでいなかった。

アルテックもすでに置き台と化し、全く使われていない。

 じゃぁ、売っちゃえば。

と心ない奥さんはすぐにそう言うけれど、失敗したと思っていても、未だに結婚し続けているんだから、それぐらい大目に見て欲しい。
(どっちが我慢してると思ってんのー!って声が聞こえたような...)

今回のセッティングの変更で、このJBLとアルテックを鳴らすようにすることもその目的の一つ。

この2台を鳴らすアンプはパスラボのアレフ0s。

〜パス0s.jpg

このパワーアンプがアルテックに合うことはすでに確認済みで、軽いウーハーのスピーカーとの組み合わせがいいように思う。

問題はアンプ自体がかなり熱くなり、油断して腕でもつけたら火傷しそうだし、ヒートシンクが鋭いので怪我をしかねないので子供が小さかったときはちょっと心配だった。

JBLやアルテックとの接続については、スピーカーを切り替えるときにケーブルの繋ぎ替えで対応しようと考えた。

ところが、色々と試してみたものの、帯に短し襷に長しって感じ。

そこで、またまたグライコのお世話になりながら、音を仕上げてみたら、なかなかいい感じになってきた。

諸般の事情については、別の機会にするとして、結果的にはアルテックのみを繋ぎ、クラシック音楽以外を担当させ、JBLはしばらくお休みすることにした。

しかし、それなら今までのセッティングでもよかったんじゃないの?ってことになるのだけど、アルテックは使えるようになった訳だし、タンノイもいい感じになってきたので、

 これでいいのだ!

と、バカボンのパパ風に自分を納得させている。

ただ、この聴き比べ、3台ものパワーアンプが稼動しているとその発熱量たるやハンパではなく、夏の暑い時期にやるもんじゃないと後悔しています。

それでも、これからまた夜の部の始まりです。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。