2011年08月14日

”早起きは三文の徳”って本当でした!


いつもの休日なら9時頃まで、ウダウダと寝ているくせに、今日は早起き。

やはり目的や楽しいことがあると、自然に目が覚める。

昨晩も遅くまで気兼ねすることなく色々とスピーカーの位置や向きをあーでもない、こーでもないと音楽を聴きながら調整していた。

この数日間、みんなにバレているのは百も承知の上で隠密行動していた結果がこれ。

〜B&W新セッティング.jpg

どうです。ガラッと変わったでしょう。

最大の変化はB&Wのスピーカーをアルテックのスピーカーの上に載せたことだが、上に載せることが目的ではなく、スピーカーの位置を後ろに下げることと、スピーカー間に椅子を置くことが今回の主たる目的。

その理由は下記の4点。

6畳という狭い空間では、どうしてもスピーカーとの距離が近くなってしまい、スピーカーからの直接音が聴こえてしまうのがイヤだったので、少しでも遠くにしたかった。(私はスピーカー間の奥から音が出ることをヨシとするので)

B&Wがタンノイより出っ張っているので、タンノイで聴くときに、音場感が乱れているような気がして、何とかしたかった。

B&WとJBLのスピーカーを移動し、交代で聴いていたが、グライコで調整したものをまた調整し直すのが面倒だし、移動はかなりの労力を必要とする。

4台のスピーカーの全てをいつでも聴ける状態にしておきたかったので、タンノイ等の対面にあるJBLを聴くときは後ろ向きで聴くしかなく、タンノイ側にも椅子が必要となった。

そんなこんなで、アルテックの上にB&Wを載せることにしたのだが、それだけではタンノイより出っ張っていることには変わりがない。

そこで、障子を外し、窓ギリギリにカーテンをつけることで、若干奥行きを増やし、B&Wを後方に下げた。

今朝もその続きをやっていたのだが、やっぱりB&Wの高さが高すぎるのか、どうしても定位が高くなり、音像が大きく、かなり前の方で聴いているように感じる。

 やっぱり、あかんな〜。

などとボヤキつつ、戻すしかないのかな〜と思いながら、タンノイに切り替えたところビックリ!

弦の艶やかさがまるで違うのである。

B&Wの出っ張りが、音場感を乱していたのが原因だったのか、理由はよく分からないけど、キラキラと拡散していく音は聴いていて何とも心地よい。

朝の光が差し込む部屋で、それは幻想的な光景だった。

 早起きは三文の徳

って、本当なんですね。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。