2011年07月07日

いつもの儀式 〜たまのご褒美


今日は外出先から直帰し久しぶりに早く帰ってきたので平日ながらブログをアップしてみる。

というより、書きたいことがあったので。 

タンノイオートグラフをメンテする話を大分昔にしたけれど、新しいリスニングルームでの音を一通り確認してからの方が、メンテ後の状態も確認できるだろうということで、とりあえず現状のまま聴き続けている。

今は悲しいかな土曜日も出勤せざるを得ない状況で、家庭内騒音の問題から日曜日にしか聴くことが出来ずにいる。

朝起きて、オーディオルームに行き、金魚にエサをやる。

次にアンプ類の電源を入れ、CDをかける。

左右のタンノイの音を聴き、左Chが出ていないことや、右Chの高音側が出ていないといった不具合点を確認し、ボリュームを上げたり、高音をだけを持ち上げてしばらく音を流しておく。

すると鳴っていなかったchが突然鳴り出し、左右が揃って鳴るようになったら、レコードを聴くようにする。

たまに途中で音が出なくなったりするが、上記と同様にして出るまで待ってから音楽を再度聴くようにしている。

これ、毎週日曜日の日課。

前回の日曜日も儀式のように同じことを始めたら、いつもと違って、あっという間に左右が揃って鳴り出した。

いつもと違う...

期待と不安の中、聴き進んでいくうちに余韻が十分に広がっているのに定位は小さく纏まていることに気が付いた。(それまで定位のことが気になっていなかった。)

ピンと弦が緊張感を持ちながら、太く、輝かしく、例えようもないくらい美しい。

スピーカー間の演奏者から音が解き放たれる感覚は堪らないものがある。

その時はクレンペラーのモーツァルト(BS盤)を聴いていたので録音がいいのもあるが、次々にレコードをかけかえたがどれもいい。

 いいじゃん! すごくいい!

と誰に聴かせるでもないこの部屋で、素晴らしい空間感を感じる音を一人占めで聴く贅沢さ。

さすがに音から美しい香りを嗅ぐまでには至らなかったが、十分に満足するいい音。

たまにはこんなご褒美がなくっちゃね。

〜清掃後.jpg

オートグラフは大きい上、モノラル時代の設計の古いコーナー型は理論上音が良くないし、もっと手ごろなオーディオ装置で音など気にせず音楽を聴いた方がいいよと仰っていた方がいたが、理屈はどうであれ、この素晴らしい音でいい音楽を聴く喜びを一度でもいいから味わって欲しい。

残りの人生、もっともっと充実すること間違いない。

今日は7月7日の七夕。

娘が短冊に願いを書いていたが、お父さんは

 いい音でいい音楽が聴けますように。

といつも願っている。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:47| Comment(8) | TrackBack(0) | スピーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。