2011年06月07日

第一部だけなら 〜リヒター/バッハ:ロ短調ミサ


メシアンを聴いていたら、何故だかこの曲が無性に聴きたくなった。

両者に共通点はないように思うが、どこかに結びつくものがあるのだろうか。

〜 SAPM198190-92j.jpg
リヒター/バッハ:ロ短調ミサ
独アルヒーフ SAPM198190−2

初めてこの曲を聴いたのは、カラヤンのモノラル盤だったが、冒頭の合唱には度肝を抜かされた。

この曲によって若き日のカラヤンの素晴らしさを知ることとなり、これ以降、カラヤンのモノラル盤を集めるキッカケになった。

このカラヤン盤も素晴らしいが、この曲の名演は他にもあり、今はこのリヒター盤とクレンペラー盤の計3組を愛聴している。

クレンペラーで思い出したが、SANのレーベルで何が初版なのか分からなかった頃、黄色切手という見たことのないレーベルを発見し、購入し、早速師匠に聞いたら、

 3rdレーベルですよ。

と言われ、ガッカリしたことも今となっては懐かしい思い出。

このロ短調ミサの第一部の迫真の音楽は、黙って聴くしかないほど迫力に圧倒されるし、壁にコーラスがズラッと並んでいる姿は実に壮観。

このようなスケールの大きな曲を聴いていると、お前の悩みなど些細なことだよ。と言われている気がする。

ロ短調ミサの第一部の素晴らしさは、マタイ受難曲と比較しても決して見劣りするものではないが、第二部からはピーンと張りつめた緊張感が緩んでしまい、全曲を通じての完成度という点においてやや劣るのが残念。

というより、マタイが凄すぎるのか。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:18| Comment(7) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。