2011年06月04日

analog誌の取材(取材編その2)


RADIKALの交換後、いよいよ音出しとなったのだが、こちらとしては聴かせたくない気持ちでいっぱい。

お願い! せめてあの程度の音で鳴って!

と期待を込めてレコードを掛けたが、期待とは裏切られるもので、まあ悲しいくらい酷い音だった。

〜残念.jpg

いい音で鳴ると、リンジャパンのF氏は必ず、ウン、ウンと頷くので、一つの指標になっているが、今回はほとんど頷くことはなかった。

音楽がただ流れているだけで、刺々しい上にイキイキとした生命感がない。

いくらいい曲、いい音楽だとしても、安心して音楽を聴ける訳もなく、その場にいるのが辛かった。

いつもなら、3曲ぐらい用意しておいて聴いてもらうのだが、今回は1曲のみで終わらせてしまったほど。

タンノイオートグラフのほかに、B&Wマトリックス801Vを聴いてもらったが、このとき初めてAnalog誌の編集者の方が

 聴きなれているせいか、こっちの方が纏まっていますね。

と仰っていた。

そうなのです。セッティングこそしたものの、何の調整もしていなかったB&Wの方がまだマシで、半日がかりで頑張ったタンノイは苦労も空しく、刺々しいクセに躍動感はなく、ガッカリ。

このことから、気付いたことは、こちらがイライラした気持ちで聴いていたから、音が刺々しく感じるのではなく、無関係の人が聴いてもやはり同様に刺々しさを感じていたということ。

ということは、この日のタンノイオートグラフは実際に刺々しかったということになる。

やはり、聴き手の気持ちは音に反映するということだ。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

analog誌の取材(取材編その1)


取材の方々がこちらに到着する前に何とかしようと思っていたが、結局は何も出来ず、音が刺々しい状態のまま、取材を受けることになった。

遠方から来ていただいたので、コーヒーを飲み、談笑しながらも、音が気になり、顔で笑って心で泣いてという状態。

RADIKALのモーターをデモ機から変更し、電源部と受光部(モーター)のイニシャライズの後、7、8分待って、回転が安定したところで音出し。

この作業は、メーカー(販売店)側がRADIKALに交換する際、実施することなので、私たちが手を下すことはないが、せっかく教えて頂いたので、手順を記す。

1.イニシャライズはRADIKALのセッティング終了後、電源部の背面にある電源スイッチをONし、同じく背面にあるプッシュボタンを数回押す。

〜背面プッシュボタン.jpg

2.このとき、何度か繰り返し押しているとLP12本体スイッチのランプ(赤と緑)が両方点灯する。

〜本体スイッチ.jpg

この状態でイニシャライズされたことになる。

3.ランプ点灯確認後、プッシュボタンをノーマルオペレーション(リンゴー)にし、電源スイッチを一旦切り、再び電源を入れる。

4.電源投入後、本体スイッチをONし、回転が安定する(一旦明るく点灯後、少し暗くなる)まで、ターンテーブルを回し続ける。

これで、通常通り使用可能となる。

つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

analog誌の取材(準備編)


ここ最近、ちょっとした問題と、原稿書きに追われてしまい、すっかりブログをお休みしてしまいました。

取材当日の朝から2つの問題が発生し、内一つは取材とは無関係なのだが、もう一つはタンノイオートグラフのRchのウーハーから音が出なくなったこと。

なんでよりによって今日なの!って思いながら、ボリュームを上げ下げしたり、スピーカーを叩いたりした。

しかし、全く改善する兆しすら見えずにいた。

取材と無関係な問題の方はメールをやりとりし、気になる音の方は、2時間ほど過ぎた頃、突然ザッ、ゾッ、ズズズズズーと音が出たと思ったら、そのあとは音楽がバランスよく鳴り出した。

よかったー!と思いながら椅子に座ると、左右バランスがまだおかしい。

Rchが出だしたら、こんどはLchが小さくなった。

ウーハーもツィーターも小さく音は出ているが、全体的に霞がかかった感じで、スピーカーの周りに音が纏わりついて離れない。

今度はこっちかよー!と誰も聞いてくれない文句をいいながら、左右のバランスを揃えてみたものの、Rchは元気モリモリなのに対し、Lchは肩を落とした寂しい音。

夜の女王が中央に位置しても、別のスピーカーの音量が合っているだけのような感じで、聴いていてイヤになる。

今までだってそんなに良かった訳ではないけど、ここまで酷くはなかったと、半ベソをかきながらあれこれやったものの、到着の時刻まであと1時間となり、もはやこれまでと諦めかけていたら、Lchの音量がグン!と上がった。

おっ!と思いながら、そのまま聴いていると、音が安定してきたので、バランスを取り直した。

取材と無関係な問題も、音の問題もうまくいかず、イライラしながら聴いていたせいか、音までエッジの尖ったギスギスした音になっている。

〜不調なタンノイ.jpg

聴き手の気持ちをオーディオ機器が感じ取るっていったらウソになるが、半分本気でそう思っている。

実際は自分のイライラした気持ちがそう感じさせているだけなのだろうけど。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。