2011年06月27日

暑かったり寒かったり 〜リヒター/バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲

 
日差しが痛いほど暑い日があったかと思うと、寒くなったりして困ったもんです。

困る要因は体調管理もそうですが、気温によって聴きたい音楽も変わってしまうからです。

寒く感じると聴きたくなる作曲家の一人がバッハ。

もちろん、暑い日に聴きたくなるバッハの曲もあるのだけど、ほとんどは寒い時期に聴くのが合っている気がする。

暑い日に、冷たい飲み物を飲むよりも、やっぱり熱いお茶だよねって感じなのがこの曲。

〜 198321.jpg
リヒター/バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲
独アルヒーフ 198 321

悲しみを背負った合奏から、スッと現れるほんのりとやわらかいオーボエの音色は何度聴いても飽きることがなく、分かっていてもいつも胸がキュン!となる。

同じ曲でヴァイオリンとオーボエの代わりに2台のチェンバロを用いた曲もカップリングされているが、好きなのはヴァイオリンとオーボエの方。

この曲を初めて聴いたのはピノックの演奏で、ある女性が聴かせて欲しいといって、ウチに持ってきたCDだった。

それまでは古楽器演奏(ホグウッドやMAK)に違和感があったが、この曲を通じて初めて聴けるようになったと思う。

とはいえ、好みはやはり現代楽器の演奏の方で、リヒター盤を愛聴している。

ちなみに”ある女性”とはウチの奥さんではないので、奥さんとお知り合いの方は、ランチやメールなどで話す機会があっても、くれぐれも内密にお願いします。

バレると大嫌いなキノコを料理にこっそり入れられる恐怖の中、食事するハメになるので。

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを
見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さっ
た方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しくだ
さい。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 00:07| Comment(8) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

Analog誌32号発売!


アナログ誌の32号が発売された。

〜 Analog32.jpg

すでに発売から10日以上経っているので、何をいまさらの感があるが、ようやく中身を見ることが出来た。

今回の私の記事は引っ越したことと、メインスピーカーが変わったことによるリン マジックLP12の変化(表現がおかしいけど)のインプレッション。

取材時にお聴かせした音が散々だったのは、以前ブログに書いた。

過ぎてしまったことはいいとして、記事の中で気になっているのがSETのレーベルについて。

以前にもDECCAのレーベル変遷はブログにも書いたが、常々疑問に思っていることがあった。

それは、SETのED1は何処から何処までなのか?ということ。

手持ちではSET331(バーンスタイン/マーラー:大地の歌)がED1。

次のSET332(バーンスタイン/モーツァルト:ピアノ協奏曲)もED1だと思っているのだが、確証はなかった。

先日、オークションでよく購入させていただいている方に、聞いてみたところ、SET332はED1との回答。

と、ここまでは良かったのだが、ED2がオリジナルと言われている「神々の黄昏」や、「ワルキューレ」もED1と仰る。

オークションの実績からいって間違いはないとも思うが、それならば、なぜ多くの人が、先の2つをED2がオリジナルというのだろうか?

しかし、SET332までがED1とすると何故先の2つが、ED2になっているのかというのも疑問に思う。

ちなみにSET311、323−4、325−6はED1。

どなたか、ご存知の方いらっしゃいませんか?

*** ご連絡 ***

しばらくの間、仕事の都合で帰りが遅く、週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 15:52| Comment(5) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

オークションを見てビックリ! 〜マルツィ/バッハ:ヴァイオリン協奏曲


入札まではしなくとも、何故か毎週チェックしてしまうのがオークション。

お店で買うよりも安く手に入るし、エサ箱を長時間漁る必要がないので腰が痛くならないのがいい。(漁っている時間もまた楽しいのですが)

データをとってはいないが、一通りチェックしていると、大体の相場が見えてくる。

自分の持っているレコードがいくら位になるのか、手放さないけど気になるし、そのくせ、手放したレコードが高額で取引されているのを見ると悔しいものがある。

初期盤は数が少ないので、需要と供給の関係で高価になってしまうが、初期盤でもないのに高価なレコードに出会うことがある。

マルツィは人気の女流ヴァイオリニストで、初期盤の世界でもアホみたいに高価だが、初期盤でなくとも高価であることを最近知った。

〜 COUP002.jpg
マルツィ/ヨッフム/バッハ:ヴァイオリン協奏曲
Coup d' Archet COUP 002

このレコードは、当時チョクチョク遊びに行っていたアンプ工房のオヤジさんが教えてくれて、そのうち数枚を購入した。

初期盤の素晴らしさを知った頃だったので、本当にいい音なのか半信半疑で、数枚しか購入しなかったが、演奏、艶やかな音、ともに満足したので残りを注文しようとしたら、すでに全て完売していた。

オークションで見かけたとき、いくらぐらいで売れるのか興味があったので見ていたら、あれよあれよと2万円近くまで跳ね上がったのにはビックリ。

確かにいいレコードだとは思うが、いくら数が少なく入手が困難だとしても、2万円近くも出せないよな〜って思う。

カイベルトのリングみたいに、限定発売でおいそれと手の出ない価格のセットモノが、中古の世界でさらにプレミアがつくとますます手が出ない。

お金はないのに欲しいものがいっぱいある人間にとっては、こういうのは勘弁して欲しいなぁ〜。

*** ご連絡 ***

ここしばらくは、仕事の都合で帰りが遅く、今後も週末しかブログを見ることが出来なくなりそうなので、コメントを入れて下さった方々へのお返事が遅くなると思いますので、何卒お許しください。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:29| Comment(17) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。