2011年05月10日

トマス・タリスに感化され 〜サージェント/ヘンデル:メサイア


先日、バルビローリ指揮、ヴォーン・ウィリアムズの「トマス・タリスの主題による幻想曲」(英HMV ASD521)を紹介したが、自分自身がこの曲に改めて魅せられ、ここ最近英国音楽を聴いている。

ヴォーン・ウィリアムズの他にもエルガーやディーリアス、ホルスト、パーセル、アーノルド、バックスぐらいしか思い浮かばないけど、英国作曲家って結構いるんですよね。

ヘンデルはドイツ生まれではあるが、英国に帰化しているし、作曲活動も英国の方が長い作曲家。

その代表作ともいえるメサイアで最も好きな演奏はクレンペラーなのだけど、最近は英国系指揮者の演奏で聴くことが増えた。

〜 SAX2308-10j.jpg
サージェント/ヘンデル:メサイア
英コロンビア SAX2308−10

サージェントの指揮は、劇的とか緊張感といったものをさほど意識させず、のほほんとした演奏で、イエスは本当に十字架に架けられたの?って感じ、とまでは言わないが、全体的にゆるゆると音楽が流れていく。

この雰囲気が英国っぽいと思うのだが、如何だろう?

 神なんているか! いるなら奇跡を起こしてみろ!

と叫ぶ民の側からの目線で演奏しているようにも思えてくるし、そう考えると素朴でほんのりと土臭い感じが一層際立ち、メサイアの違った魅力に気付かされる。

今までは、そんなのん気なところがあまり好きになれなかったが、今回それが鼻に付くどころか、別な魅力を感じ取れたのは大きな進歩。

ついつい音楽に悲壮感や激しさを求めて、第2部ばかり聴いてしまうが、メサイアの魅力はそれだけじゃないよ。と諭されているような気がする。

そういう意味ではヘンデルではなく、ハンデルと書く方が正しいのかも。

ちなみにこのレコード、録音が良くて、非常に高価なBS(ブルー・シルバー)盤なのにも係わらず、サージェントの人気がないからか非常に安価で手に入る。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:20| Comment(10) | TrackBack(0) | レコード紹介:E〜I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。