2011年05月03日

リン マジックLP12のセッティング(その4)


ようやくアームの調整まで来ましたが、今回はアームの高さについて。

ここで、最初に言い訳してしまうのですが、このアーム高さの違いは写真に撮ろうとしても、僅かな差なので極めて分かりにくく、今回も何枚も写真を撮ったのですが、全てNG。

そこで、以前Analog誌26号に載せた写真を使うことにします。

記事の内容もほぼ同じことを書いているので、お持ちでしたらそちらも見て頂けると幸いです。

アームの高さは水平が基本というか、大前提なのですが、ここにちょっとした落とし穴がある。

一つはレコードの厚みにバラツキがあるということ。もう一つは、平らではない(ソリがある)レコードがあるということ。

緩やかなソリではなく、局所的に急なソリのあるレコードを、もしもお持ちなら、確かめて頂きたいのですが、反った箇所を針がトレースするときに、

 グォッ! グォッ!

って、周期的に低い唸り音が出てきます。これは針が急な上り坂を登るとき、針先が急激に高くなるので、このような音が出てしまうのだと思います。

以前、アームの軸側を水平よりかなり高くして、これに対応しようとやってみたが、完全には取り除けず、この急激な坂には角度的に対応が無理なのだと思った。

しかも、平らなレコードでは軸側が高いので、低音が不足して聴こえてしまう。

だから平らではないレコードについては仕方がないと諦め、調整は厚みのバラツキにだけ拘っている。

先ほどもチロッと書いたが、針先側が高いと低音が増えるが重い印象となり、アームの軸側が高いと、低音が軽くなるが、躍動感が増す傾向があると思っている。

だから、重厚盤は低音に厚みがあるように感じられるのではないかとも思っている。

しかし、この印象が180°異なる意見の評論家の先生もいらっしゃるので、私が絶対に正しいという気はさらさらない。が、自分にはそうとしか聴こえないので、己の信ずるまま書き進めることにする。

〜プレーヤー達.jpg

あらら、調整の部分を書いてないのに、こんなにダラダラと前置きが長くなってしまった。

ダラダラと書いたが、ここの考え方は人により異なると思うので、次回からの調整のポイントは、上記の思いによる人間の調整法とご理解願えると幸いです。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。