2011年05月01日

リン マジックLP12のセッティング(その2)


昨日は言うなれば箱からLP12を出したに過ぎないので、今日からは本体のセッティングについて書いていきます。

なお、Analog誌の22号P128〜129にも同じような内容が書いてありますので、お持ちの方はそちらをご参照願います。

まずは本体をラックの所定の位置にセットし、インナープラッターを載せるのだが、その前にスピンドルオイルを注入する。

7.jpg

このオイルの量は、外から見ても分からないので、ティッシュを周りに敷いて、インナープラッターを挿入し、オイルがティッシュに付くまでインナープラッターを抜いたり、挿したりしてオイルを追加していく。

これって、もっといい方法がないのかと、やる度にいつも思うが、トーレンスにしても同じ方法なので、致し方ないのかもしれない。

このとき注意すべきは、インナープラッターはそっと挿入し、上から離してガツンと当てないようにすること。そうしないと軸の先端にダメージを与えてしまいます。

それと、インナープラッターを持つときは、手袋もしくは布を介して手垢をつけないほうがいい。というのもインナーとアウターのプラッターのアースを取っているのと、あとは見栄えです。

やっぱり、好きな機器にはいつもキレイでいて欲しいですもんね。

インナープラッターをセット後、ベルトを掛けるのだが、ベルトには表と裏があり、ベルトのつるつるした面が内側(インナープラッター側)で、上下も一度決めたら変えないほうがいい。

これは、モーターとは線接触している(MAJIK用もRADIKAL用も同様)ので、常に同じ位置に当たるようにしないと、円滑な回転が得られなくなるからです。

8.jpg

このため、ベルトの表面に交換の日時と、進行方向を矢印で書いておくと後々便利です。

また、この時も直接手で触らないように、手袋をした方がいいです。

つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。