2011年04月30日

リン マジックLP12のセッティング(その1)


昨日までグライコの調整で、今日からはアナログレコードプレーヤーの調整について書いていく。

リンの全ての製品はコンパクトに出来ていて、アナログプレーヤーのLP12も同様。

30cmのレコードを掛けるプレーヤーで、このサイズに拘らなくてもいいのではないかと思うが、色々なアップグレードアイテムも、頑なにこのサイズ内に納めようとする。

トーレンスのプレステージなどは、もやは一人では持てなくなってしまったが、リン MAJIK LP12なら一人でも十分に扱える。

今回の引越しでもこのコンパクトさが非常に有難く、自分一人で箱詰めし、荷解きも出来た。

購入時にはメーカーないしは、取扱店がセッティングしてくれると思うが、私同様、引越しの場合などの役に立てばと思いまとめてみました。

梱包状態(一番右の箱)でも他のプレーヤー並みのサイズで、箱を開けると、一番上に取説とトーンアームが入っている。

1.jpg 2.jpg

トーンアームにはすでにADIKTが装着された状態のままで、当然ながらスタイラスカバーをしている。

一段目とトーンアームの箱を取ると、二段目にはインナープラッターやドライブベルトが納められている。

3.jpg 4.jpg

これをとると本体があり、その本体を持ち上げると最下段にアウタープラッターがいる。

5.jpg 6.jpg

センタースピンドルには搬送用の赤いゴムキャップをしているので、オイルが洩れることはない。(これを紛失しないように注意!!)

本機はRADIKALが付いている状態なので本体のモーター周りがちょっとごちゃごちゃしている。

以上でマジックLP12の部品はおしまいで非常にシンプルなのが分かると思う。

まあアナログプレーヤーって、プラッター、本体、アーム、モーター程度なので、みんなシンプルなんですけど。

次回は本体のセッティングを。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。