2011年04月27日

グラフィックイコライザーの調整(5)

 
前後左右の定位が安定して得られるようになり、音そのものに魅力が感じられるようになった。

ただ、これはCDを鳴らしたときの話。

レコード再生をメインとする者としては、当然アナログでもその音(もしくはそれ以上の音)が得られないといけない。

そこでリンMAJIK LP12を用いて音出しを始めた。

すると左右バランスはいいのだが、奥行き感が今ひとつ得られないのだ。

 これはどういうことなのか?

と驚き、同時に落胆した。

今までの苦労が水の泡になった気がしたからで、過去何回か同じような調整をしてきたのに、このような状態になったことはなかった。

 何がいけないのか...

今までとの相違点といえば、チェロアンコールをフォノイコライザーとして、リンMAJIK LP12とダイレクトに繋いだことくらい。

〜チェロ.jpg

この繋ぎ方はDENON DP80、チェロアンコール、アキュフェーズC240、サンスイSE80、マッキントッシュMC240、タンノイオートグラフの組み合わせで実施済みで、非常に良かっただけに腑に落ちない。

違いはリンのプレーヤーとマッキントッシュC40プリだけなので、こんなに結果がことなるなんて予想もしなかった。

以前と同様にフィディリティ・リサーチFRT−4に繋ぐしかないのかと一瞬思ったが、MM型のカートリッジをフォノイコにダイレクトに繋いだ時の音の良さも忘れられず、このままの状態で何とかならないのか、じっくり考えることにした。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。