2011年04月26日

グラフィックイコライザーの調整(4)


昨日はしょーもない話を挟んだが、気を取り直して今回は定位の前後関係の調整。

左右バランスが全帯域でほぼ揃った状態で、音楽を聴いて見る。

オケの場合、例外があるものの、左側が高弦、右側に低弦。その奥に木管や金管、さらに奥に打楽器や金管が並んでいる。

この奥行き感が出ていればそれでいいのだが、トライアングルのチーンが前に出過ぎたり、木管が引っ込んで、金管が前に出たりしていることが多い。

とはいうものの、録音そのものにもそういったこともあるので、あまり神経質になりすぎるのも要注意。

また、生のコンサートだって目を瞑ると、音が別のところから聴こえたりするのに、目を開けるとそこから鳴っているように聴こえるので、割り切れるものなら、そんなもんだと割り切った方がいいのかも知れない。

割り切れない私などは、小さなことを気にしながら聴いていると、高音と低音が前に出て、中域が引っ込んでいた。

以前ステレオサウンドの取材で石井伸一郎先生の提唱する「いい音の特性」+「三つ山特性」の素晴らしさに感銘を受け、以来基本特性にしているが、その状態での奥行き感は抜群だった。

その時に、測定の重要性を十分認識したのだが、ズボラな性格と金欠状態とが相まって、測定器を持っていないので、ここは自分の耳を信じてツマミを動かしていく。

またまたイジっては移動して聴き、イジっては移動して聴きの繰り返しなのだが、今回は音楽が流れているだけマシ。

個々の楽器や前後左右の繋がりに注目しながら、大胆に3つ同時に大きく動かしたり、1つの周波数を何度も動かして調整した。

今回、部屋も変わり、スピーカーも変わってしまったので、基本特性になっているのか否かは測定しないと分からないが、オートグラフの場合、他にも注意すべき点がある。

それは、もともとバックロードホーンで、低音が豊かなエンクロージュアのため、低域をうまくコントロールしておかないと箱鳴りが盛大になってしまうこと。

箱鳴りが盛大になると中高域がマスクされてしまい、ヌケの悪い音になってしまう。

豊かでありながら、フワッと軽く広がり、なお且つ箱鳴りが気にならないポイント探しが必要になる。

〜最終.jpg

このため、150Hz以下を(特に40〜100Hz)念入りに調整した。

おかげ様で

 おぉ結構いいじゃん!

というくらいの音になった。

ただ、この後、大どんでん返しを食らうことになるのだが、それはまた次回に。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。