2011年04月10日

LED電球とハイエンドオーディオ


大地震以来、節電を心がけている。

とはいえオール電化の我が家がどこまで貢献できるのかは不明だが、出来るところからということで、白熱電球をLED電球に変えた。

ウチの照明のほとんどはパナソニック製で、LEDもパナソニックにしたいところだが、最も高価なので、安いメーカーのLEDにした。

ここまでは良かったが、白熱電球に比べ、どうも薄いというか、淡い感じになる(電球色を選んだ)。

白熱電球のオレンジに比べ、LEDは若干グリーンに偏り、色温度が高いようで、温もり感がなく、冷たい感じがする。

それと、白熱(クリプトン)球は電球全体が明るくなるのに、LEDは上側しか明るくならず、横付けの場合、半分が光らないという問題が生じる。

数社のLEDを購入したが、やはり結果は同じで、現行LEDの共通の”クセ”のようなもんなのだろう。

特に調光タイプは、グッと絞ったときの温かい深い色が出ないし、明るさではなく力強さに欠けるので少々寂しい。

〜LED.jpg
手前が白熱電球、奥がLED(違いが分かって頂けます?)

話はここで一気に飛躍するのだが、この関係がヴィンテージオーディオとハイエンドオーディオのように思えてきた。

ヴィンテージ機器は、周波数特性上は上と下が伸びていないが、私の耳で聴いている限り、不足は感じないし、密度の高い、濃厚な味わいがある。

一方、ハイエンドオーディオ機器は上下とも伸びていて、その性能の良さは分かる。しかし、聴いていると、どうもサラッとしていて、空虚で冷たい部分がどうしても引っ掛かり、寂しく感じる。

定位はするけど、存在感というべきか、実在感というのがどこか希薄な感じがする。

これは、ピストンを押す(レンジが狭くなる)と密度が上がり、ピストンを引く(レンジが伸びる)と密度が薄くなって温度が下がるのと似たような原理なのではないかと密かに思っている。

力強さも同様に、エネルギー一定の法則(物理に弱いので正しいのか分かりませんが)で、レンジを伸ばすと力強さが減少し、グッと圧縮すると力強さが増すのではないかと...

括りが大雑把で一品一品が全てそうだとは言えないが、マクロ的に見るとこういう傾向があると思う。

時代が、世の中がそういうニーズなのか、改良を重ねるうちにそういう方向に進んだのかはよく分からないけど、そうだとすると私は完全に現代から取り残されている。

オーディオというマイナーな趣味の中でも、さらに少数派に位置しているのかも知れないが、当人は”好き”を突き進んでいったらここに至っただけなので、それは一向に構わない。

ただ心配なのが、自分の立ち位置に共感する方が少なくなると、モノが手に入りにくくなり、メンテが不可能になるのではないかということ。

あと数年は大丈夫なのでしょうけど。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:40| Comment(8) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。