2011年03月16日

被災地の卒業式中止について思うこと


ウチの長女は現在小6で、今週末に卒業式を迎える。

そんな中、被災地の小学校の先生が、もうすぐ卒業する生徒達に卒業式の中止を伝えていた映像をTVで見た。

学校の体育館が避難所になっていて、家族の安否もよく分からない状況では、中止もやむを得ないのかも知れない。

子供たちも、自分の悲しみより、他の方々を気遣うコメントを述べていた。

そんな姿が自分の娘と重なり涙が出た。

しかし、こんなときだからこそ、卒業式をやってあげるべきではなかったかと思ってしまう。

つらい時、悲しいときこそ、必要なのは笑顔や希望ではなかろうか?

そばで、おばあさん達が毛布に包まっていたって、みんなに祝福された子供たちは幸せでないか。

きちんとした式でなくても、子供たちの名前を呼び、祝辞を述べるだけでもいいのではないだろうか。

うれしそうな卒業生の姿を見た被災者の方々も、逆に勇気付けられるのではないだろうか。

原発の一件で、外で遊べないことに不満を持った娘が

 いつまでこんな生活続くの?

と聞いてきた時、この卒業式中止のニュースを見た後だっただけに、無性に腹が立った。


腹が立ったで思い出したが、被災者へのインタビューで、無理に心情を聞く行為はやめて欲しい。

もう、十分でしょ!

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。