2011年02月10日

大相撲の八百長問題


当ブログは音楽とオーディオをメインテーマとしているつもりだが、ちょいちょい脱線する傾向にある。

今回はお相撲について。

小学生の頃、祖父母とともに暮らしていたので、夕方のTVといえば、水戸黄門の再放送か、大相撲だった。

子供ながらに相撲ファンだった私は、父の会社が浅草橋だったこともあって、両国界隈の相撲部屋の練習を見に行ったりして、ぶつかり稽古の迫力に圧倒された。

よもや自分がメタボになるとは思いもよらず、予期して角界に近づいたわけではないけど。

当時は輪島、北の湖が両横綱で初代貴乃花も現役。他には現理事長の魁傑、若三杉、旭国、そして人気者の高見山といった面々。

小柄な貴乃花は大関でありながら、千秋楽で勝ち越すパターンが多く、唯一負け越したのを見たのは北の湖戦の千秋楽だけ。

その後、朝潮(二代目)もその伝統?を引き継ぎ、千秋楽での勝ち越しパターンが多く、7勝していれば必ず勝ち越すと思っていた。

それが八百長だったのかどうかは分からないが、素人目にも「星を買っているな」と思ってしまう内容が多かった。

朝潮が本名の長岡の時代から応援したファンの僕でさえ、そう思っていたのだから、さもありなん。

ちなみに朝潮とは飲み屋で一緒になったことがあり、話すととっても気さくで、人のいい愉快な方だった。(ゴチになった上、悪口書いてゴメンなさい)

話は戻り、もっとも酷かった勝負は、若貴ブームの頃の兄弟対決。

圧倒的な弟、貴乃花との力の差は歴然なのに、お兄ちゃんの若乃花が勝利した優勝決定戦。

あの勝負のつきかたは、貴乃花が不満を態度に表したかのような不自然な負け方。

板井が八百長を告白したとき、「証拠がない」といって事実無根にした相撲協会は当時から隠そうとする体質だった。

そして今回、理事長の最初の謝罪の言葉に「過去には一切ない新たな問題...」といってすでに過去のことを隠そうとしている。

横綱白鵬が「八百長に関して見聞きしたことがあるか?」の問いに「ないとしか言いようがない」という答え方に、全てが現れているような気がする。

幕下と十両の月給の格差が八百長の原因になるなら、いっそ横綱から序の口まで、何枚目かで一つ一つのポスト毎に給料を明確にして、同じ十両内でも番付けが下がれば給料が下がり、幕下に下がってもあまり差がないようにすればいいのではないだろうか。

まあ、これは一案で有識者がいっぱいいるんだから、いい案を出してもらいたい。

相撲ファンが見たいのは真剣勝負なのだから。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。