2011年01月21日

思い出にかわるまで


今回は書くか書くまいか悩んだのですが、読んでいるとホッコリ
と心が温まるsmile**さんのブログで”今井美樹のファン”と書かれ
ていたのを読んで、何だか後押しされたような気がして書くこ
とにしました。

この「思い出にかわるまで」は、今井美樹主演のTVドラマで、私が
学生の時に放映された。

結婚直前の二人(今井美樹と石田純一)がちょっとしたすれ違い
から結婚を延期し、その間に妹(松下由樹)と関係を持ってしまい、
挙句の果てに妹と結婚してしまう。

とはいうものの二人は結局は愛し合っていて...といった内容。

それが最近、午後に再放送され、これにウチの奥さんがハマっ
て見ていた。

オン・タイムではまだ中学生だった奥さんが、その当時も見て
いたと言っていたが、来年度から中学生になる娘を持つ父親と
しては少々複雑な心境。

奥さんの真剣さは何で別なところで発揮してくれないのかと思
うほどで、

 このあと、火事になるんだよね。

なんて少しでも内容をしゃべろうもんなら殺されそうな勢い。

そのくせ、セリフを聞き漏らすと

 今、何ていっていた?

と聞いて来て、こっちも聞いていないと

 あ〜ん、もう!

と自分のことは棚に上げて怒っている。

 実は君のお姉さんと君と知り合う前に付き合ってたら
 どうする?

って妄想族が少し暴走して聞いてみたら、

 再婚でも何でもしていいから、5分ぐらい黙っててよ!
 真剣に見てんのに!

と怒りが爆発し、すごすごと退散の憂き目に。

このドラマは20年くらい前の作品だと思うが、見ていて感じた
のは、この頃と今とでは大きな変化があったということ。

当時のセーターもパンツの中に入れてたファッションやまゆ毛
クッキリのお化粧の感じは当然として、最も大きな変化といえ
ば”携帯電話”。

”ケータイ”なんてほとんどの人が持っていなかったし、当時
は大きくて肩からぶら下げていた。確か”移動電話”と呼ばれ
通話料も高かったと思う。

当然のことながらメールを打つ女子高生など一人もいなかった
し、そもそもメールは出来なかった。

逆にいうとこのドラマは”ケータイ”のなかった時代だからこそ
成り立っていたことになる。

もし、”ケータイ”があれば、エレベーター内で閉じ込められても
電話できるし、待ち合わせですれ違うこともない。

だから連絡が取れないようにするには、”ケータイ”を壊すとか、
バッテリー切れや紛失するとか何らかの形で、使えない状況を
作る必要がある。

この当時にあって、今ないものはVHDやLD、カセット、逆にこの
時代になくて今あるものはDVDや配信音楽、デジカメ等が
すぐに思い浮かぶ。

C240.jpg

当時はレコードが消え行く運命で、そのレコードを追いやったCD
が今や危機的状況。

世の中便利になったのかも知れないけれど、その分何か大切な
ものを失っているような、そんな気がする。

これが時代の流れなのか。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。