2010年12月13日

パパがサンタクロース


イルミネーションが輝き始め、クリスマス会もちらほら始まる
と、いよいよ子供たちがクリスマスプレゼントをサンタさんに
お願いする時期となる。

No1.jpg

クリスマスといえば息子が3歳の頃、近所の子供たちを集めて、
クリスマス・パーティをやったのだが、最後にサンタが登場し、
お菓子のプレゼントをする企画をママ達が考えていた。

サンタ役は体型が相応しいということで満場一致で私に決まり、
パーティ終盤、サンタの衣装に着替えていたときに、トイレに
行く息子に見つかった。

ヤバイ!と思ったのも束の間、

 パパがサンタさんだったんだ。

と大きな勘違いをして驚いていた。そこで、息子に

 いいか、パパがサンタだっていうことは誰にも内緒だぞ。
 しゃべったらプレゼントは届かないからな!

って脅したら、

 うん、分かった。誰にも言わない。

と返事をした。

月日は流れて、一昨年のクリスマス直前、息子が

 オレ、まだ誰にもしゃべってないから。

と突然言い出したので、すぐには何のことか分からなかったの
だが、ハッと思い出し、

 お父さんが本当はサンタだってことか?

と聞くと

 うん。オレ、誰にも言ってない。学校でサンタはいないって
 言ってた友達がいたけど、お父さんのことは言わなかったよ。

と真剣に言ったので、思わず笑ってしまった。

しかし昨年、末娘がおばあちゃんと電話をしていたとき、

 パパの本当のお仕事はサンタさんなんだよ。
 だから、欲しいプレゼントが何でも届くんだ〜。

と言っていたので、

 誰がそんなことを言ったの?

って聞くと

 お兄ちゃん。

とあっさりゲロした。

そこで、息子を尋問したところ、

 家族には言ってもいいかなぁと思って。

とこっちもあっさりと自白した。

 全く口の軽いヤツだ! プレゼントは、なしだな!

と脅しておいた。

ということで、我が家ではサンタクロースは実在し、しかも、
お父さんがサンタさんということで納得している。

お父さんがサンタさんというのは間違いではないが、”本物”と
思われてなお且つ、よその子たちにも洩れ出しているので少々
まずい状態。

先日もHmamaのお嬢さんが、

 イオンでニセモノのサンタがいたんだよ!
 ヒゲにゴムが付いていたの見つけちゃった。
 メタボパパは本物のサンタさんなんでしょ。
 ウチに来たら寝てるかも知れないけど絶対に起こしてね。

と言われ、かなりプレッシャーになっている。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

第1回クリスマス会

 
先週の土日はキッザニア、ディスニーリゾートで満喫した日曜
会だったが、今週はクリスマス・パーティー。

毎週毎週飽きもせず、イベントをやっているので、子供たちも
当然のように今週もやるんでしょ!てな雰囲気になっている。

日中は鍵を掛けず、みんな自由に出入りするようになってくる
と、本来なら黙って上がり込む人の方が怪しいはずなのに、た
まにピンポーン!と呼び鈴を鳴らす人が来ると、

 誰だ? 不審者か?

と、当たり前のことをする人が悪人のような感覚になる。

今回は恵比寿講でお世話になったEさん一家も来られ、子供た
ちだけでも12人!、大人7人と過去最多のクリスマス会とな
った。

〜20101211.jpg

ここまでくると玄関はくつで溢れ、子供たちも劇を披露したり
と素人のクリスマス会とは言えないほどの高水準。

EパパとTパパ、Yママが中学、高校の先輩後輩、Yパパと私
が中学の先輩後輩、ウチの奥さんとHpapaが大学の先輩後輩
であることが判明し、地元以外の人たちでも偶然に先輩後輩で
あることに驚き、大いに盛り上がった。

こんな偶然なら”運命の出会い”といってもいいような気がす
るし、色恋沙汰の一つぐらいあっても良さそうだが、節度ある
大人だからか、レベルが低いためか、発展する兆しが見えない。

だからこそ、楽しく飲めるのですけど。

これで今年の大きなイベントは終了するが、誰一人として来週
以降、日曜会がないと思っていないのが恐ろしい。

来週はウチの奥さんや、Tママらの幼稚園のママ友で飲み会が
あるのに当然の如く我が家の日曜会は計画されている。

 誰が洗い物とかするの? 子供たちはどうするの?

と懸案事項はあるけど

 まっ、いいか!

と思うようになったのはB型タイプに洗脳されてしまったから
なのかも。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

  
posted by メタボパパ at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

英盤は高価でも仏盤なら 〜クレンペラー/チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

 
英コロンビアのBS(ブルー・シルバー)は素晴らしい演奏が、
素晴らしい録音で数多く残されているが、如何せん高価なのが
玉に瑕。

おかげで欲しくても買えないレコードがいっぱいあるけど、高
価だからといってその音楽を聴かないのはもったいない。

しかしながら、薄っぺらな音のレコードではその演奏も歪めて
評価しかねない。

そんなとき、英盤と比べても音質は互角(我が家の場合)で、
価格をかなり抑えることができるレコードが仏初期盤。

SAXの頭文字にFをつけたSAXFのレコードがこれに該当。

〜 SAXF248.jpg
クレンペラー/チャイコフスキー:交響曲第6番
仏パテ SAXF248

このレコードの英盤もご多分に漏れず非常に高価だし、いい音
なのは知っているが、この仏盤はディスクユニオンで3〜4千円
だったので試しに購入し、音がいいのに驚いた。

ジャケットのデザインは一緒だし、その音だって素晴らしく、
決してやせ我慢しているわけではないし、2ndレーベルを手に
するよりずっとマシだと思う。

となれば仏盤はやっぱり狙い目。

ただこの辺りは再生装置や部屋によって大きく変わり、場合に
よっては、仏盤は全然ダメ!ってことも十分あり得るので、そ
の点は注意が必要。

敢えて残念な点を挙げるなら、レーベルのデザインがブルー・
シルバーの美しさに比べ劣ることぐらいか。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

 
posted by メタボパパ at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。