2010年12月23日

買ってないけどLINGO電源導入記(6)


リンMAJIK LP12にLINGO電源を取り付けるグレードアップの
効果は素晴らしいもので、アナログ誌にも書いたけど意識して
いなかった枠が取っ払われ、ゆとりのある懐の深い音に変化する。

LP12は非常にコンパクトだけど、音からするとまさに大型
プレーヤーの佇まいで、心なしか大きくなったように見える。

〜LI 096.jpg

しかし、昨日も書いたが回転の正確さがこのような音の変化を
もたらすとは思えない。

何か違う理由があるような気がしてならない。

弱いオツムでいくら考えたって正解が出てくるわけではないが、
こんな風に仮説を立て、納得することにした。

カートリッジは微細な信号を扱う発電機である。しかも針先の
動きによって発電させている。

フレミングの法則の通り、電流が流れると磁界が発生する。

ACコードでも同じことが起こるし、ターンテーブルを回転させ
るモーターも同様。

MAJIK電源の場合、商用電源が本体内を流れ、モーターの回転
も100V電源まかせ。

正弦波も頭がつぶれている状態では、モーターの回転も極端な
言い方をすると不安定になる。

実用上問題のないレベルであることは確かだが、磁界が乱れる
のもまた事実だろう。

この時、カートリッジの針先に悪影響を与え、純粋な動きを阻
害するのではないだろうか。

そこでLINGO電源に変えると、別電源でクリーンな正弦波を
作り、本体内も約70Vに減圧して送り込むので、配線やモー
ターからの磁界の悪影響が減少する。

すると針先が本来の動きをするので、レコードに刻まれた音を
より純粋に掘り起こすのではないかと思う。

以上のことから自分自身に納得させたのだが、ここで新たな問
題が出てきた。

それは、この仮説が正しいとするとRADIKALの方が明らかに
効果があるってことですよね。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

ラベル:LINN Majik lp12 lingo radikal
posted by メタボパパ at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

買ってないけどLINGO電源導入記(5) 〜カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー


カラスの「カルメン」では、最初の印象が悪かったものの、徐々
に調子が上がり、レコード1面が終了する頃には十分満足する
音になっていた。

そこで、スケールの大きな演奏を聴きたくなり、次に聴いたのは
カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー。
(アナログ誌本文では3番目になっているけど、レーベルの順
 番の都合で変更した)

SAN292j.jpg
カラヤン/ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー
英EMI SAN292/6

予想していた以上に見事にハマッた音で、自分の装置ながら
他人事のように

 いや〜凄くいい音ですね。

と発してしまったほど。

心の底から感動し、武者震いしそうなくらい身体がゾクゾクする。

 こういう風にキチッと音の出る装置で聴くと、LINGOの効果
 は一層際立つんですよ。

というリン・ジャパンF氏の言葉が、お世辞があるにせよ納得
するくらい”いい音”だった。

確かに電源をLINGOに変えると音がよくなることは分かった
が、ではどうしてプレーヤーの電源を変えると音がよくなるの
かがどうしても理解できない。

回転が安定しないプレーヤーに対して、クリーンな正弦波で
モーターを駆動し、音が安定するなら理解できる。

しかし、LINN MAJIK LP12だって特に不満があったわけ
ではないのに、その音が懐が深く、ゆったりとしたスケール感
をまざまざと見せつけるかのように変化するのは理解不能。

 音がいいならいいじゃん!

ともいえるけど、技術的な裏付けがどうしても欲しくなる。

少々弱いオツムで考えてみる。

ZZZ...つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

買ってないけどLINGO電源導入記(4)


素晴らしい効果への期待と、電源を変えても音がそんなには変
わらないんじゃないか。といった相反する気持ちの中、臨んだ
LINGOの試聴。

その第一印象は芳しくなかった。

私の中で、F氏から音の印象を聴かれたらどうしよう。と段々
不安になってきた。

動揺しながらリン・ジャパンF氏の横顔をこっそり見ると、何食わ
ぬ顔でジッとしていた。

居たたまれなくなってボリュームを上げてみるが改善せず、さ
らに気まずい雰囲気に...

〜スイッチ.jpg

ところが、しばらくすると霧が晴れたように徐々に音がクリアー
になってきて、時間経過とともにドンドン躍動的になってくる。

楽器の動きが明瞭で、臨場感たっぷりに、音場が広がっていく
のが見える。

と同時に徐々に音楽に引き込まれていくのが分かる。

カラスの「カルメン」の見せ場ともいえる”ハバネラ”の頃には
LINGOの実力を見せつけるかのように、圧倒的に素晴らしい
カラスの歌声が響き渡る。

 ブラボー!

と”のだめちゃん”なら歓声を上げていただろう。

つづく

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

ラベル:LINN Majik lp12
posted by メタボパパ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | プレーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。