2010年11月21日

表と裏 〜カラヤン/ブルックナー:交響曲第8番


表と裏というと、裏口入学の例えのように裏の方が悪い意味で
使われることが多い。

また、表はウソで、裏が真実という意味も併せ持っている。

”おもてなし”とは持て成すの丁寧語で、ご馳走するとか歓待す
るという意味だが、これを”表無し”と書いて、うわべだけでなく、
裏の心の底から歓待する意という方がピッタリくる気がする。

これを思いついたとき、

 うまいこというじゃん!

と自分で自分を褒めたくなった。

レコードにあってCDにないのがこの表と裏。

クラシック音楽の場合、後半にクライマックスを迎えることが
多く、つまり裏面の方が盛り上がる。

裏が真実の姿だとすると、レコードはとってもいいヤツという
ことになる。

前にブログで書いた気がするけど、レコードにはA面とB面が
あり、その次にくるのがCDなので、CDはレコードを超える
ことが出来ないという話を聞いたか読んだことがある。

笑い話とはいえ、少々出来すぎなような。

でも待てよ。CDのレーベル面をA面とするとビットが刻まれ
た方がB面になり、CDの音楽を刻んだ面は全て裏面。という
ことはCDの方が”おもてなし”の精神が色濃いことになる。

ということはどちらもいいヤツなのかな。

〜 STC90972-3j.jpg
カラヤン/ブルックナー:交響曲第8番
独エレクトローラ STC 90 972 / 73

このジャケット、背景はただ単にABC...と並んでいるだ
けなのに、少し強調するだけでAnton BrucknerのAとB並び
に8を意識させ、さらにレコードのA面、B面まで連想させる
デザインがいい。

カラヤンはステレオ時代にこの曲を3回は録音していて、その
中ではきわめて真面目に再現しようとしているように感じるが、
そこにチャーミングな輝きが散りばめられ、センスがいい。

もっと熱い演奏を望むなら、44年録音のワルター協会盤がお薦
めだが、第4楽章しかないのが残念。(CDは第2〜4楽章で出
ているが、全曲はない)

また、ウィーン・フィルとのゆとりのある落ち着いた演奏もこれ
また捨て難い。

これらの演奏についてはまた別の機会に。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。