2010年11月15日

人を好きになるのに理由がないのに、キライになるのに理由がいるのはなぜ? 〜カラヤン/ブルックナー:交響曲第7番


末娘がよく、

 ねぇ、お父さんはどうしてお母さんと結婚したの?

と聞くので、

 大好きだったからだよ。

と言うようにしているのだが、

 どうして好きになったの?

と突っ込んで聞かれると、答えに窮してしまう。

もっとも、娘の質問の真意は、

 どうしてお父さんは王女様と結婚しなかったのか?
 もし、王女様と結婚していたら、私はお姫様だったのに。

という程度なので、さほど真剣に答える必要もないのだが。

娘の問いをほったらかして考えたのは、

 人を好きになるのに特に理由はないよな〜。
 なのに、人をキライになる時はどうしてその理由があるのか。
 理由なんて本当はないんじゃないの?

ということ。

やさしくない、セコい、細かい、グータラ、間違いを認めない、
威張っている...色々あるのでしょうけど、あえてそんなこ
とを言う必要があるのでしょうか?

何だか別の理由があるように思える。

それは心のどこかに好きという感情が潜在的に残っていて、ど
んなに大嫌い!と思っていても、その気持ちが揺らいでしまう
ので、それを振り払うために理由をつけているだけなのではな
いだろうか。

もしくは自分自身を納得させるためであったり、自分の非を認
めたくないからそれを誤魔化すための手段なのかも知れない。

と考えると、嫌われた方は言われるほど悪くないのではないか
と思うし、そんな知り合いが何人かいるが実際いい人である。

そのことをキライと主張している方にいくら言っても、決して
心が開かれることはなく、ハタから見ているとどっちが意固地
なのかと疑問に思う。

心を閉ざすことによって大切なものを失うことにも気づかない
のではないか とも。

「帝王」と呼ばれたカラヤンも好き嫌いがハッキリ別れるが、私
は好きな指揮者の一人で、特にモノラル時代と、最晩年の時代
がいいと思う。

カラヤンをキライという方々は、目を閉じて指揮する姿とか、
スポーツカーを乗りまわしてカッコつけすぎとか、音楽家では
なく商売人だといった音楽以外の理由が結構多い。

私自身も60年代中盤〜70年代のカラヤンはあまり好きではなく、
それなりに理由もあるつもりだが、結局はみんなが好きというから、
あまのじゃくでキライといっている程度で、上記同様に自分を納得
させるためだけなのかも知れない。

〜 429 226-1.jpg
カラヤン/ブルックナー:交響曲第7番
独グラモフォン 429 226-1

このレコードはカラヤン生涯最後のレコーディングであり、この
演奏を聴けば、「帝王」に君臨し続けた指揮者がどれほど音楽
に対し、真摯に向き合っていたかが分かる気がする。

一度心を閉ざしてしまうと見えるものも見えなくなってしまう。

せっかくの素敵な演奏を、ヘンな偏見で聴く耳持たないのは勿
体ないですよね。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

守るべきもの 〜フルトヴェングラー/ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」


歳を取るとともに抱え込む事柄も増え、自分の力で何でも出来る
と思っていた若い頃を懐かしく想う。

最近色々なことが起こったり、多くの方々と腹を割って話すうち
に考え方も少しずつ変化し、何が本当に大切なのかを考えるよ
うになった。

家族は当然その筆頭に挙げるべきものだが、日常生活の中では
どうしても蔑ろにしてしまう。

自分自身を守るために相手を非難したり、裏切ることで自らの
傷を癒すことがある。

あいつは何にも分かっていない。あいつだって同じようなことを
しているのだから と。

本当にそうなのだろうか?

冷静に考えれば、そんなことでは何も解決しないし、何も変わ
らないならまだしも、相手を傷つけたり、自己嫌悪になったり
とむしろマイナスになることの方が多い。

目先の勝ち負けなど些細なこと。勝ったところでタカが知れて
いる。

やられたからやり返すなんて、そんな無意味なことを繰り返す
くらいなら、守るべき家族にもっと目を向けて、家族にとって
何が大切かを熟考し、行動すべきだろう。

同様に自分自身も大事にすべきで、相手に仕返ししたつもりが、
己を傷つけていては本末転倒だし、決して流されたで済む話で
はない。

 平凡で何気ない幸せ。

このことが如何に大切かということに気づくのに40年以上かか
ったが、今なら心からそう思える。

〜 FALP288.jpg
フルトヴェングラー/ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
仏VSM FALP288

このホッコリとしたのどかなジャケットは、やさしく包み込む
ように心を癒し、小さな幸せを守りたいイメージにピッタリ。

英盤を聴いてしまうので、このレコードをあらためて聴くことは
ほとんどないが、ジャケの魅力に負けて売ることも出来ず、
こっそりと眺めては一人贅に入ってる。

みなさんにとって守るべきものは何ですか?

本当にその守るべきものを一番に考え、大切にしていますか?

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

あなたは天使? ロス・アンヘレス/THE FABULOUS


本ブログでアンヘレス・ファンであることを何度か書いている。

曲によっては他の歌手に敵わないこともあるけど「ラ・ボエーム」
や「椿姫」の素晴らしさは世間の評価がどんなに低くとも、私は
彼女を支持する。

オペラは聴くけどあまり声楽曲を聴かないので、オペラ以外の
彼女のレコードはほとんど持っていないのだが、それでもたま
に取り出すのがこのレコード。

〜 ASD413j.jpg
ロス・アンヘレス/THE FABULOUS
英HMV ASD413

英、仏、独、伊と母国語のスペイン語で歌われ、ギターの腕前も
披露している。

ギターといえばコンサートのアンコールではよく、自らギター
を持ってスペイン民謡を歌っていたらしい。

曲によって好き嫌いがあるけれど、アンヘレスの魅力が随所に
散りばめられていてる一枚。

アンヘレスという名前はスペイン語で天使という意味らしく、彼女
の魅力であるその高貴で清楚な歌声にふさわしい名前だと思っ
ている。

話は飛ぶが、天使といえば思い出すのが「フランダースの犬」の
最終回。

子供の頃には”死”という概念がなかったので、オンタイムで見た
ときには、ネロが寝てしまって天使たちと遊んでいる夢を見て
いるのだと誤解していた。

感動の最終回といった番組で初めてネロの死を知って驚いたが、
昔の子供向け番組は、結構残酷な物語が多かった気がする。

自分が死ぬときに天使が迎えに来てくれるのかは確認のしよう
がないし、確認したときには知らせようにもその術がない。

死期が訪れ、もしも天使が迎えに来て、アンヘレスの美しい歌声
が聴こえてきたら、そこがきっと天国で、その歌声を毎日聴ける
なら、

 まるで天国みたい。

と言っちゃうかも。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

ラベル:HMV アンヘレス asd
posted by メタボパパ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。