2010年10月20日

本物とニセモノ


最近、古い本の整理を始めた。

レコードの整理が終わったからというよりも、子供たちの本が
どんどん増え、お父さんの本を減らす必要が出たからで、まさ
に一難去ってまた一難といった感じ。

そんな中、「名曲名盤500 ベスト・レコードはこれだ!!」
(レコード芸術・別冊)が出てきた。

〜BEST500.jpg

高校時代に夢中になって読んだ本で、教科書や参考書よりも
よく手にし、その証拠に本自体はボロボロ。欲しいレコードには
赤丸で印を付け、買ったレコードにチェックを入れ、愛聴盤の
順位が低いと何となく悲しい気持ちになったもんだ。

懐かしく思い、パラパラと捲っていくとこんな一文が目に留ま
った。

 一流のニセモノは二流三流の本物よりも魅力も説得力も持つ。

美術工芸品のように美しすぎる演奏が、作り物みたいでニセモノ
と形容している気持ちは、もの凄い美人を見て

 あれきっと、整形しているよね。

と言っているようなもんで、分からなくもないが、ニセモノの
演奏と本物の演奏って何が違うのか、書かれていたレコードを
買って聴き比べたが、その意味が分からなかった。

私の場合、レコードを再生し、その演奏を聴いて感じるのは、
好きか嫌いか、心の底から感動するかどうかであって、本物も
ニセモノもない。

そもそも、レコード音楽自体、レコードの溝を針がトレースし、
動くことによって発電したものをアンプで増幅し、スピーカー
ユニットが前後することで音を出しているのだから全てニセモノ
ということになる。

そのレコードに刻まれた音楽そのものだって部分的に修正され
たりしているので、生を本物とすると全てニセモノ。

生演奏にしたって、ホール内のどの席で聴くかによって印象が
変わるし、同じ演奏家(団体)だって会場によって、あるいは日
によって演奏が変わる。

となるとますます何が本物なのか分からなくなってくる。

つづく。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。