2010年10月20日

本物とニセモノ


最近、古い本の整理を始めた。

レコードの整理が終わったからというよりも、子供たちの本が
どんどん増え、お父さんの本を減らす必要が出たからで、まさ
に一難去ってまた一難といった感じ。

そんな中、「名曲名盤500 ベスト・レコードはこれだ!!」
(レコード芸術・別冊)が出てきた。

〜BEST500.jpg

高校時代に夢中になって読んだ本で、教科書や参考書よりも
よく手にし、その証拠に本自体はボロボロ。欲しいレコードには
赤丸で印を付け、買ったレコードにチェックを入れ、愛聴盤の
順位が低いと何となく悲しい気持ちになったもんだ。

懐かしく思い、パラパラと捲っていくとこんな一文が目に留ま
った。

 一流のニセモノは二流三流の本物よりも魅力も説得力も持つ。

美術工芸品のように美しすぎる演奏が、作り物みたいでニセモノ
と形容している気持ちは、もの凄い美人を見て

 あれきっと、整形しているよね。

と言っているようなもんで、分からなくもないが、ニセモノの
演奏と本物の演奏って何が違うのか、書かれていたレコードを
買って聴き比べたが、その意味が分からなかった。

私の場合、レコードを再生し、その演奏を聴いて感じるのは、
好きか嫌いか、心の底から感動するかどうかであって、本物も
ニセモノもない。

そもそも、レコード音楽自体、レコードの溝を針がトレースし、
動くことによって発電したものをアンプで増幅し、スピーカー
ユニットが前後することで音を出しているのだから全てニセモノ
ということになる。

そのレコードに刻まれた音楽そのものだって部分的に修正され
たりしているので、生を本物とすると全てニセモノ。

生演奏にしたって、ホール内のどの席で聴くかによって印象が
変わるし、同じ演奏家(団体)だって会場によって、あるいは日
によって演奏が変わる。

となるとますます何が本物なのか分からなくなってくる。

つづく。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

決断の瞬間 〜フルトヴェングラー/ベートーヴェン:交響曲第9番


色々と思い悩む日々が続いたが、ようやく決心した。

今まで張りつめていたものが消え、虚脱感が多少あるものの、
決めてしまえば、あとは精一杯突き進むだけ。

家族にも苦労をかけることも多々あろうが、仲良くいつも笑顔
で日々幸せに過ごせればそれでいい。

明るい未来に向け、希望に満ち溢れている曲というと、やはり
この曲。

〜 ALP1286-87.jpg
フルトヴェングラー/ベートーヴェン:交響曲第9番
英HMV ALP1286−7

”歓喜の歌”のダイナミックで力強い演奏には、いつも圧倒さ
れ、深い感動とともに勇気付けられ、目の前に明るい光が射し
込んでくる。

悩んでいる間、どれほどベートーヴェンに、フルトヴェングラー
に、そして音楽に救われたか分からない。

それと同じくらい、今回ばかりは奥さんの天真爛漫な性格にも
救われた。今まではその態度や考え方の違いに別れたいと思っ
たことも何度かあったのだけど。

彼女なりに思い悩んでいたと思うが、私にはそんな姿を微塵も
見せなかったが、ただ単に本当に何にも考えていなかっただけ
なのかも知れない。

何れにせよ、奥さんのその性格が私の重い気分を大分楽にして
くれたのは事実。

私の両親に初めて彼女を紹介したとき、

 明るくて、まるでひまわりのようだ。

と大絶賛し、娘が欲しかった両親は本当にうれしそうだった。

以来15年が過ぎ、体型も大きく変わり、輝きも大分くすんでい
るが、今も昔と変わらない魅力がある。

本人に直接言うと調子に乗るのが目に見えているので、この場
を借りて、酔った勢いで正直な気持ちを伝えたい。

 ありがとう。あなたと結婚できて本当に良かったです。
 苦労をかけると思いますが、これからもずっとよろしく
 お願いします。

今日は13回目の結婚記念日。

カレンダーに記入し、今朝も確認したのに、何事もなかったか
のように過ぎ去るのが、奥さんの奥さんたる所以なのだが。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 22:53| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

魅力の扉は開くのか 〜パッヘルベルのカノン


金曜日に実施した日曜会(?)という名の飲み会。

このブログにコメントを下さるYママさんも日曜会に参加され
(毎回だけど)、この機会に少しでもクラシックの魅力を知って
もらいたくて、レコードを聴いて頂こうと準備しておいた。

ASD2889j.jpg
プレヴィン/ラフマニノフ:交響曲第2番
英EMI ASD2889

この曲は以前このブログでも紹介したが、その3楽章の甘美な
メロディは分かりやすく、何度聴いても飽きることがない。

今聴くと、子供の頃の父との想い出が蘇り、切ない気持ちでい
っぱいになってしまうのだが、以前、アナログ誌の取材時に、
担当の編集者さん(女性)がこの曲をえらく気に入っていたので、

 この曲なら分かってもらえるかも。

と期待半分、不安半分でお待ちしていたが、

 カンパーイ!

とともに全て忘れ去られてしまった。

これぞまさに水の泡。って感じ。


みんなほろ酔い気分になった頃、このブログの話題から音楽の
話題になり、私がお気に入りのHmamaさんが、

 私、パッヘルベルのカノンが好きなんですー!

と発言し、よくよく聞くとピアノも弾く音楽好きであることが判明。

 趣味が一緒じゃーん!

と大した共通点でもないのに、無邪気に喜ぶ私を見て、呆れか
えるYママとうちの奥さん。

ところが、この会話中にえらいことを思い出してしまい、この
話題から撤退することとなる。

それは、この曲のレコードを持っていないこと。

レコードの整理で”初期盤以外は売るか、実家へ送る”という
自分で作ったルールによって、実家に送ってしまったのである。

まさに墓穴を掘ってしまった感じ。

CDは持っているのけど、こちらは全く整理していないので、
どこにあるのか皆目見当がつかない。

そばにいた天使がカノンの旋律とともにスルリとすり抜けてい
くのを感じた。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング

posted by メタボパパ at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:N〜R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。