2010年09月22日

LINN UPHORIK(その2)

 
リン・ユーフォリックの詳細説明の続きをしてみます。

前回はアームケーブルがMM/MCとあって、切り替えスイッチ
があるものの、両方を繋ぐとベールを一枚被ったようにマスク
されてしまう。

このため、音を優先するなら、その都度繋ぎかえる必要がある
と書いた。

ただ、今回の両方を同時に接続したのはアンバランス接続のみ
だったので、バランス接続にした場合を検証出来なかったのが
悔やまれる。

というのも、アームケーブルをバランス版(T−KABLE/B)に
変えたときの音が非常に素晴らしく、もしかするとMM/MC
ともバランス接続だったら、デメリットを感じなかったのでは
ないか。と思っている。

〜u15.jpg
入力端子部:MM/MCともバランス接続可能

当初アームケーブルをバランス接続にするメリットがあるのか
半信半疑でその音を聴き、非常に驚いただけに何とも残念。

本当に細かい音まで拾い上げ、その細かい音の一つ一つが
集合体となって音として出てくるので密度が高く、どっしりとし
ていながら、丸くならず刺激的な音も逃さない。

ただ、このリンのT−KABLE/Bはトーンアームに通常ある
アース線が付いていないので、今回の試聴はLP12の電源
ケーブルのアース線(3ピンを2ピンに変換するプラグから出
ているもの)をUPHORIKのアース端子に戻した方がハム
が消えたのでこの状態にしている。

ハムの問題はやってみないと分からないが、上記方法はアース
線を延ばし、アース端子に繋いだ状態と繋がない状態で、アン
プのボリュームを上げ、ハムの状態を確認していい方にすれば
いいだけだし、変わらなければ繋がなくてもいいのでやる価値
はあると思う。

それでも心情的にはリンでアース線付きのバランスケーブルを
販売してもらえればスッキリするので是非とも改善してもらい
たい。

また、5ピンタイプはいいとして、SMEのピンプラグに対応する
アームケーブルも出来るのか(すでにあるのか?)を知らない
ので、目下これも悩ましいところ。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


   
posted by メタボパパ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINN UPHORIK

 
アナログ誌29号が発売され、すでに購読や立ち読みされた方
もいらっしゃると思いますが、紙面ではどうしても文字数の制
限があるので中途半端な感が拭いきれない。

特に今回は色々な接続方法で試したし、デモ機の貸し出し期間
が短かったのでその思いが強い。

そこで、このブログにてもう少し詳細説明をしてみようと思う。

まずは入力系。

MM/MCとも接続が可能で、MMとMCは背面のプッシュ・
スイッチで切り替え可能。

〜u2.jpg
右下のボタンがMM/MCの切り替え用プッシュスイッチ

よってMM、MCとも接続しておき、スイッチで切り替えて使
用することが出来るのだが、これをしてしまうと音の魅力が明
らかに減少してしまう。

最初、リン・マジックLP12(ADIKT)とトーレンス・プレステージ
(オルトフォンSPU)を繋いだら、意外にもMMの方がマスク
された感じでヌケが悪くなった。

 それなら最初から一系統しか繋げないようにして
 こんなスイッチつけないでよ!

と思うのだが、利便性を考えると両方繋いでスイッチで切り替
える方が明らかにいい。

これで両方繋いで影響ないなら良かったのですが、このときは
何れもアームケーブルはアンバランス接続で、バランス接続し
たときの確認は取れていない。

お金があって”いい音”を求めるならアームごとにUPHORIK
を買えばいいのでしょうが、そうもいかない私などは多少面倒
でも、接続は1系統にし、その都度繋ぎ変えるしかない。

3本もアームがあると本当に面倒だが、SPUとSPU−Mono
の切り替えはさらに底板のディップスイッチで切り替える必要
があるので余計に面倒に思えてくる。

実際に使うならば、何度か試して相性のいい方を繋ぐようにし
て、もう一方は従来通り、マッキントッシュC40のフォノイコ
ライザーを使うしかないのかも知れない。

そもそも、買えるかどうかも分からないし、今回の試聴では時
間の都合でSPU−Monoを試していないので何とも言えないの
ですが...

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

運動会


昨日、子供たちの運動会があった。

毎晩やった徒競走の練習の成果が出たようで、それぞれ目標の
順位以上の成績だった。ただ一人、息子を除いて。

〜2位.jpg
いつもビリだった末娘が、なんと2位!

3人の子供が一緒に参加するのは最初で最後、ビデオ係も責任
重大だったのだが、気合が入っていたのは最初のうちで、ほとん
ど休みなく立ちっぱなしで徐々にやる気減退。

お弁当を食べてからは尚更だった。

しかも、このビデオ。一度は見直すが、後はほとんど保管して
いるだけで再び見ることがあるのだろうか?

私たちの結婚式の模様もビデオに残っているが、見たのはおそ
らく一回こっきりだし、ビクターのHR20000やHR−W5がある
ものの、今やそれすらも接続していない。

子供が成長し、結婚式でも挙げればもしかすると見るのかも知
れないが、その頃にはすっかりフォーマットが変わっていて、
違う意味で見ることが出来ないのかも知れない。

進化しているのかどうかも良く分からないが、常に旧フォーマ
ットを網羅できるようなアップグレードをメーカーは心掛けて
もらいたいもんですね。

それが無理なら何のためにビデオをお父さん方は一生懸命撮っ
ているのか分からなくなる。

結局は記憶にしっかりと留めておくことが重要なのかも。

子供たちは全員赤組で惜しくも白組に負けてしまったが、この
悔しい気持ちをいつまでも忘れないでいて欲しい。

そして、自分の子供が出来たとき、このことを伝えてあげられ
る親になって欲しいと願うばかり。

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 15:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。