2010年08月19日

デジタル時代の好録音 〜 C.クライバー/ブラームス:交響曲第4番

 
ドイツグラモフォンは50〜60年代は独特の魅力を持った録音を
数多く残した。

しかし、70年代の録音(特にオーケストラ曲)はどうも好きに
なれず、所有しているこの時期のレコードは、そのほとんどが
器楽曲に集中している。

ところが、デジタル録音が始まると今までの不満を払拭するよ
うに素晴らしい録音に変化する。このため、80年代のレコード
は独グラモフォンが多い。

〜 2532003.jpg
C.クライバー/ブラームス:交響曲第4番
独グラモフォン 2532 003

C.クライバーは70年代から独グラモフォンに入れており、何
れも高い評価を得ているが、演奏は素晴らしいものの録音が今
ひとつなのが残念だと個人的には思っている。

ところがブラームスの交響曲第4番は初期のデジタル録音であ
りながら、この時点ですでに完成度が高く、素晴らしい演奏が
好録音で録られている。

濃厚な演奏も好きだけど、颯爽とスマートなC.クライバーの演
奏も蒸し暑い日の一服の清涼飲料のように乾いた心に沁み込ん
でいく。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

負けるな新入り君!

 
息子が食事中に突然

 セグロ達は大丈夫かな。

と言い出し、娘も

 小さいからね。死んじゃうかも。

と何を話しているのか分からないのは私だけで会話が進んでい
たのだが、しばらく黙って聞いていたら、先日の「秀郷祭り」の
金魚すくいで捕まえた金魚たちのことだと分かった。

 なんでセグロなの?

と聞くと

 背中が黒いのがセグロっていう名前なんだよ。

と単純な命名だった。

我が家の金魚は全て金魚すくいで捕ったもので、古いのは4年
目になり、かなり大きくなっている。

ここに今年の新入り君を10匹ほど仲間入りしたがすぐに4匹死
亡し、残り6匹も下の隅っこのほうで肩身が狭い。

〜kingyo.jpg
右下に集まっているのが新入り君達

エサを与えても大きい先輩達の迫力に圧倒され、おこぼれをも
らう程度しか食べられない。

しかし、この競争に負けてしまったら生き残れない。

 がんばれセグロたち!

と応援はするけど水槽を一度も掃除したことがない子供たち。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
ラベル:金魚 お祭り
posted by メタボパパ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

タンノイオートグラフとともに(2)−グライコの調整−

 
タンノイオートグラフで好きな曲を聴いていて、やりたいこと
が出てくると、いつも素直に従うのだが、こういう場合大抵は
うまくいく。

逆に音が気に入らなくて、何とか良くしようとして色々いじる
と徒労に終わることが多いのだが...

今回はグラフィックイコライザーの調整をやってみたくなった。

タンノイオートグラフにはサンスイSE−80という10バンドの
グラフィックイコライザーを繋いでいて、本来ならテクニクス
SH8075のように33バンドくらい欲しいところだが、たまに
しか聴かないので我慢している。

とはいえ、10バンドでも結構いいところまで詰められるので
中古で安価なものを見つけられたら、試してみられるのもいい
と思います。

「三つ山特性」+「いい音の特性」は多くの人を納得させる音で
あるが、オートグラフに使うと低音がゴロンゴロン鳴って、箱の
中でモゴモゴした感じになるので低音域はあまり上げない方
がよく、これはステレオサウンドの174号でも書かれ、

 やっぱりそうだよね。

と記事を読んだときにそう思った。

実家では測定を実施したことがないが、取材時の測定結果や、
アキュフェーズG48を使用した経験、その後の微調整で音を聴
いてどの周波数を上げ下げすればいいか何となく分かるように
なったのでSE80は聴感のみで調整している。

63、125、250Hzを主に調整したところ、弾力があり、伸びやか
で爽やかに抜ける音になったので、しばらくはこのままで聴いて
みようと思う。

〜SE-80.jpg
モノラルなのでLchのみ使用

ステレオサウンドの石井先生のご指導を受けた身として、その
効果は確認済みなので、もっと使用者が増えて、グライコも機
種が増えればいいのにと思うのだが...


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。