2010年07月23日

ピッチを調整してみると 〜 フルトヴェングラー・ベートヴェン:交響曲第3番「ウラニアのエロイカ」

 
ウラニアのと来れば、枕詞のようにエロイカと続く、ウラニアの
エロイカ。

指揮は当然、フルトヴェングラーでベートヴェン:交響曲第3番
「英雄」の1944年12月の録音を指す。

このレコードはフルトヴェングラーに無断で米ウラニアレコード
が1953年に発売し、裁判沙汰になったいわくつきのもの。

レコード自体にもピッチが高い問題があり、正確なピッチにす
るには、ターンテーブルを少し遅めに回転させる必要がある。

この”少し遅め”が曲者で、何処が”正しい”ピッチなのか分
からない。これまではこんな感じかな?ってところで聴いてい
たが自信がなかった。

CDならピッチを修正したものが販売されているので、中古で
見つけたら買おうと思いつつ、熱心に探したわけでもないので
なかなか出会うことなく今までいたのだが、先日、偶然見つけ
たので購入し、CDでピッチを確認しながら、ターンテーブル
の回転を調整した。

リンはモーターの傾きで回転数を調整する機構のため、一度変
更してしまうと、他のレコードでは回転数が遅くなることにな
り、この1枚のためだけに変更することはとてもとても出来ず、
トーレンスプレステージを使用した。

幸いトーレンスプレステージには可変と固定のボタンがあるの
で可変時をウラニア用にしていておけば切り替えも楽チン。

pre-1.jpg

さて、CDとレコードを切り替えながら回転数を調整していく
と、今まで以上に遅く、この辺かな?と思っていたスピードは
大分早かったことが分かり、演奏の印象も大きく異なった。

続きは次回に


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。