2010年06月09日

オーディオマニア(その5)

 
初期盤レコードを求める理由(いい訳)はご理解して頂けたかと
思いますが、そうなると

 初期盤レコードだけ集めてればいいんでしょ。

てことになるのですが、オーディオも色々と欲しいものがある
ので、こっちも理由(いい訳)がある。

同じレコードを別のオーディオ装置で聴いた経験がある方はご
存知とは思いますが、「これが同じレコードの音なのか!?」と
あまりの違いに驚くことがあります。

それはカートリッジを交換しても、アンプやスピーカーを代え
てもそうだし、セッティングを変えるだけでも大きく変わりま
す。中には電源や、ケーブル、アクセサリーにまで気を遣って
いらっしゃる方々も大勢います。

そうまでして求めるのは、ソフトに刻まれた情報を出来る限り
抽出したいからで、たとえ缶詰音楽と揶揄されようとも、そこ
には無限の可能性があるからで、そういう意味ではオーディオ
装置をグレードアップすることは埋もれていた情報をより多く
発掘するためともいえる。

自分の今の音に不満が出てきたとき、アレに変えたら、こっち
にしたらきっと”いい音”になるだろうなんて考え出したら止
まらない。

この”いい音”になるかも知れないという期待感こそが何十年
も飽きることもなくオーディオを続けて来させたのだろう。

オートモノ.jpg

レコードに針を下ろした瞬間、いつもと全く違う雰囲気に包ま
れることがある。

この時の音はそれはもう素晴らしいもので、どんな曲をかけて
もうまい具合に鳴り、次から次へとレコードを聴いてしまう。
定位や低音の伸びといったことなど全く気にならず、この日は
自分が世界一の幸せ者だと思えるほど幸福の絶頂なのです。

オーディオは工業製品であるので、技術的根拠、数値で語るべ
きものだが、測れるもの以上に測れないもの、あるいは影響を
受ける変数が多いのがオーディオだと思う。

しかし、この時の音はそんな理屈ではなく、それ以上の次元の
異なるはるか彼方の素晴らしい音だと思うし、同じ経験をされ
た方なら「うん、うん」と分かってもらえると思う。

この経験をしてしまったら甘い密の味を知ってしまったたのと
同様にオーディオの世界から逃れられないし、この素晴らしい
音が毎回得られる訳ではないので、”ある日”の素晴らしい音、
もしくはそれ以上の音を求めてついつい続けてしまうのだろう。


中には高級装置を持って満足している方も居られるかもしれま
せんが、それはそれでいいと思っている。”見た目”も大切で
すからね。しかし、多くのオーディオマニアは”いい音”を求
めて一生懸命に貯めて買って、大切に使っているのです。

 そんなお金があるなら、家族旅行に連れて行け!

なんて奥さんによく言われるが、100万円のスピーカーだって
20年使えば5万円/年なんですよ。これくらい大目に見て欲し
いですよね。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。