2010年06月06日

オーディオマニア(その2)


昨日、音楽を聴く人はみーんなオーディオマニアだし、自分の
嗜好以外を”非常識”といっても所詮五十歩百歩だと書いた。

 なぜあなたはレコードを聴くのか? 

と聞かれれば、好きな演奏をいい音で聴きたいからで、田舎で
は生演奏を聴く機会がないからとか、チケット代が高いからと
いった理由がないわけではないが、生演奏の穴を埋めるためだ
けに聴いているのでは断じてない。

コンサートで聴くことも、レコード音楽をオーディオ装置で聴
くことも、どちらも好きだが、自分の好きな演奏家はもう亡く
なられた人達が多いので、レコードを聴くほうがおのずと多く
なる。

B 013.jpg

生は本物で、レコード(CD)は缶詰音楽だ、偽者だ、などと
今更言う人などいないと思うが、生には生のよさ、レコードに
はレコードのよさがあり、全くの別物で楽しみ方も異なる。

それでも、レコードは生の一部の記録でしかないという意見は
根強いし、一理あるが、同じレコードを何度も聴いているのに
新しい発見をすることがしばしばある。

レコードでさえこんな状態の私が1回の生演奏を聴いてどれほ
ど理解出来ているのか疑問になってくる。

しかも、コンサートで生演奏を聴いていても、同時に好きな演
奏家の演奏が頭の中で流れ出すので、コンサートの演奏を純粋
に聴くことが出来ない。

私にとってコンサートとは、始まるまでの高揚感とか、会場が
一体となった盛り上がりとか、雰囲気を楽しむものとなってい
て、たとえどんな演奏だろうと楽しむことに専念する。

これはウィーンを訪れたときのコンサートで、前の席の地元の
老夫婦の音楽を心から楽しんでいる姿を見て以来、そう思うよ
うになった。

同じお金を払って同じ演奏を聴いて、楽しかったと思うのと、
つまらなかったと思うのでは”どっちが得か”は明らかだろう。

 昨夜の誰々の演奏は良かったよ。特にアンコール曲が...

なんて話を聞くとこっちまでうれしくなり、その姿は微笑まし
く思えるし、良かったねって思う。

 あの演奏は全然ダメだ。まるで分かっていない。

といった評論家のような意見を聞くと、

 あんた、何しに行ったの?

と逆に聞きたくなってしまう。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。