2010年06月01日

足尾銅山の植樹 〜 オーマンディ/シベリウス:レンミンカイネン組曲(4つの伝説)

 
足尾銅山鉱毒事件とは、明治時代に発生した日本の環境汚染の
始まりで、栃木、群馬両県の渡良瀬川周辺で起きた足尾銅山の
公害事件。

鉱毒ガスやそれが原因の酸性雨により、足尾近辺の山はあたり
一面禿山となった。

現在、「水と緑の少年隊 フォーラムin足尾」と称して、植樹
によって、再び山に緑を取り戻そうと地元を中心にイベントを
行っている。

asio1.jpg

先週の土曜日にこのイベントがあり、我が家も子供の友達つな
がりで二回目の参加になる。

asio4.jpg
娘も微力ながら参加中。

asio3.jpg
植樹よりも豚汁の方が目当てだったかも。

豚汁が冷えた身体を温めてくれて美味かった。

asio2.jpg
植樹を終えて歩いているとき、景色を見ていたら(ただ単に寒
かったからか?)シベリウスの音楽を連想した。

1ASD3644.jpg
オーマンディ/シベリウス:レンミンカイネン組曲(4つの伝説)
英EMI ASD3644

オーマンディは生前のシベリウスよりお墨付きをもらった指揮
者で、聴いていると「なるほど」と思うくらい、曲と演奏が合
っている気がする。うまくいえないが、名演というのとも違っ
てシベリウスの音楽が自然に流れているというか、一体になっ
ているといったほうが近い。

レンミンカイネン組曲(op.22)は、「レンミンカイネンとサリ
ーの少女」、「トゥオネラのレンミンカイネン」、「トゥオネ
ラの白鳥」、「レンミンカイネンの帰郷」の4曲からなり、特
に「トゥオネラの白鳥」が有名だが、他の3曲も素朴ながら、
そっと守りたくなる大切にしたい名曲。

オーマンディは米コロムビア時代はともかく、RCAでは音質
が寂しくなってからの録音なのが残念でならない。英デッカな
らさぞ、華麗なフィラデルフィア(オーマンディ)サウンドを
満喫出来ただろうに。

しかし、この英EMI盤は不幸中の幸いで音がよく、弱音部の
弦の美しさを見事に捉えている。

この曲を聴いていて自分は金管楽器が炸裂する音楽より、弦が
メインで木管が色づけする音楽を好むことに気が付いた。本盤
を聴いているとホッとし、旋律の美しさを堪能出来る。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:09| Comment(5) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。