2010年06月17日

天から降り注ぐ音 〜 ポリーニ/ショパン:雨だれ


内視鏡検査で病院に行ったのだが、その待合室で突然ホルスト
「惑星」の木星が流れてきた。

天井から音が降り注ぐように聴こえたので、天井にスピーカー
が埋め込まれているのかなと思い、見上げたがスピーカーらし
きものが見当たらない。

 あれ? どこだ?

と探したら、これが前方の受付の横にあるCDラジカセが鳴っ
ているだけ。

どうやら全面が硬いコンクリートの壁に囲まれているので反射
で上から聴こえてくるらしい。

目でラジカセを捉えるとラジカセから音が聴こえてくるが、目
をつぶると上から聴こえてくる不思議な体験をした。と同時に
視覚の影響力がいかに大きいかを知ることとなった。

そんなことを考えながら待っていると、ショパンの「雨だれ」が
流れてきた。

上から降り注いでくるのでまさに「雨だれ」って感じ。とはいう
もののこの「雨だれ」が雨音の調べというのはちょっと違う気が
する。

〜 2530550.jpg
ポリーニ/ショパン:雨だれ(前奏曲 第15番 変ニ長調 op.28-15)
独グラモフォン 2530 550

「雨だれ」はサンドが外出し、ショパンが一人で作曲をしていた
ときに、突然豪雨となり、ショパンはサンドに何かあったので
はないかと不安に思うなか作曲されたというのが一般的だが、
何かの本で読んだ説は、サンドが浮気をしているのではないか
と疑い、嫉妬のなか作曲したというもので、私はこの曲を聴く
たびに感じる不安感から、後者の方が正しいのではないかと思
っている。

曲の途中で嵐のような場面が現れるが、これこそ心のうちの煮
えたぎる嫉妬心を表現している気がしてならない。

我が家の場合、年中奥さんが飲みに行っているので、いちいち
嫉妬していたらこっちの身が持たないし、お母さんが夜いない
と知ったときの子供たちのうれしそうな顔ったら、

何しろ、玄関を閉めたとたん、

 ねえ、DSやっていい。 Wiiやっていい。
 今日、帰ってくるまで起きててもいい。
 お母さんが帰ってきたらすぐに寝たふりするから、ねっ。

と態度が豹変するんですから。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

相性診断 〜 ポリーニ/ショパン:別れの曲

 
先日TVで、遺伝子レベルで相性が決まっているとか、生まれ
た順で相性が決まるといった番組をやっていて、録画したもの
を奥さんと見ていたら、一人っ子の私と末っ子の奥さんの相性
は最悪だった。その前のタイプ別でも相性がよくなかったので、

 そうだったんだー

という雰囲気が部屋中に広がり、チロッと見ると、敵もこっち
を見ていて目が合ってしまった。

 何か文句あんの!

 いや、別に...

 じゃぁ何で見んのよ。

 いや、やっぱりなと思って...

 今更どうにもなんないでしょ。お互いに。

もっともである。あんた達相性が悪いですね。と言われても、
今更別れましょうとはならないではないか。

相性が悪い夫婦もいるんですから、どうしたらよくなるかまで
フォローしてくれないと...

〜 2530291.jpg
ポリーニ/ショパン:別れの曲(練習曲 第3番 ホ長調 op.10-3)
独グラモフォン 2530 291

70年代の独グラモフォンは50〜60年代の密度が高く線の太い音
から、様子がガラリと変わってしまったのがチト惜しい。

特にオーケストラの曲では個々の楽器は明瞭なのだが、一体感
の薄い感じがどうしても拭い切れない。

しかし、器楽曲ではそのデメリットが感じられないのと、ポリ
ーニが好きだということもあり、この時期の独グラモフォン盤
はピアノ曲が多い。

この「別れの曲」という曲名は、ショパンを元にした仏映画の
日本での公開時につけられた邦題で、曲名を知ってからこの曲
を聴いたせいかも知れないが、実にうまいネーミングだと思っ
ている。

出会いがあれば別れもある。別れというのは哀しいものだが、
この曲の美しい調べと、ポリーニの演奏は一層その哀しみを助
長する。

しかし、別れたあとしばらくして、この曲を聴きながら当時の
ことを振り返ると不思議と楽しかった美しい思い出だけが蘇る。

最近、悲しい別れが一つ増えた。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

アナログ誌28号

 
昨日、アナログ誌から28号が届いた。

今までも記事を書いたときには届いていたが、今回は紙面の都
合で見送りになり、書かないのに本が届くのは初めて。

手違いで送られたのかも知れないが、ラッキーなことなので有
難く頂戴した。

気になるのはリンのフォノイコライザーで、ビルトイン方式の
ユーリカの単体バージョン。

ユーリカ自身はMC専用なので、アディクトでは使えなかった
から良かったが、新型のUPHORIK(ユーフォリック?)はMM
にも対応し、聴いてみたい機器の一つになった。

また、負荷抵抗や負荷容量も細かな調整も可能なようで、これ
についてはその効果を是非とも確認したい。

〜 A28.jpg

しかし、「レコード悦楽人登場!」に登場する方々のオーディオ
装置の凄いこと、感心するばかり。ブログでもいらっしゃるが、
見ていると勇気が湧いてくる。

アヴァンギャルドのスピーカーの特集もあり、レコード(CD)
を聴くのにスピーカーだけで2,000万円!ってオーディオマニア
の私が見てもたまげる価格。

この音に惹かれなかったから良かったものの、もし虜になった
ら本気で買おうと思ったかも知れない。現実には買える訳がな
いけれど。

小学生の頃スーパーカーブームで、価格が1,000万円の車を見て

 な〜んだ、1万円千枚で買えるのか。

って簡単に思っていた自分が恐ろしい。

もし、今でもその感覚があれば、何でも買えるのだろうけど、
そんなことをしたら家族五人揃って餓死してしまう。

大人になれば何でも買えると思っていたが、いつまでたっても
欲しいものは手に入らない。

簡単に手に入らないからこそ、手にした喜びも大きいのだけど。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。