2010年05月31日

オーマンディ・ファン 〜 オーマンディ/R=コルサコフ:シェエラザード

 
中学の頃からクラシック音楽とオーディオの世界にどっぷり浸
かっているが、最初に意識したのはフルトヴェングラーの指揮。

彼の指揮でベートーヴェン、シューベルトといった作曲家をよ
く聴いていた。

ジャズ好きな父のレコード棚にも何枚かのクラシックレコード
があって、その中のグリーグのペール・ギュントという曲名が
目につき、何となく表題のある音楽は聴いてみたくなるもので
ご多分に漏れず聴きたくなった。

<朝>のフルートのさわやかな音色が流れると、高原の澄んだ少
し冷ややかな空気を感じ、一発で魅了された。

そのレコードの指揮者がオーマンディ。

以来、フルトヴェングラーとオーマンディは私の中の二大指揮
者となり、レコードコレクションの最右翼に位置していた。
(所有枚数が数枚の話なので左からでも一緒だったけど)

初期盤の世界では英デッカのED1、英EMIのBS、WGは
ずば抜けて高価だが、米コロムビアはワルター以外は比較的安
価で、オーマンディは初期盤も再発盤も差がないほど安価。

人気ないのかなぁ〜と思っていたら、りんさんのコメントを頂
き、ブログやHP(リンクしてあります)を見てビックリ。情
報が多すぎてまだまだ読み切れないが、熱烈なオーマンディ・
ファンが大勢いらっしゃることを知りうれしくなった。

丁度オーマンディのレコードを紹介しようと思っていた矢先だ
ったので勇気をもらった気がした。

MS6365j2iB.jpg
オーマンディ/リムスキー=コルサコフ:シェエラザード
米コロムビア MS6365

発音が分からないが、Anshel Brusilowのヴァイオリンソロが、
何ともロマンティックで、艶やかに輝く音色が堪りません。

オーマンディの指揮もズンズン迫ってくるので、物語をそのま
ま体感しているような気分になる。

英デッカはアンセルメのED1、米RCAはモントゥーのSD、
英EMIはビーチャムのWGあたりが高価だが、最もターンテ
ーブルの上に乗るのはこのオーマンディ盤。

安価なので価格対満足度はダントツの1番。もしかしたらCD
よりも安く手に入るかも。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 01:25| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:N〜R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。