2010年05月28日

驚異的な録音 〜 ショルティ/ストラヴィンスキー:春の祭典

 
自分の我を押し通すフルトヴェングラーに対し、柔軟に対応す
るショルティ。録音に関していえば、この寛容さが良い方向に
進んだ。

”指環”を例に挙げるまでもなく、ショルティのレコードは録音
に恵まれている。ある意味、英デッカに拾われたからこそ、彼
の地位が築けたといっても過言ではない。

ステレオ初期に各レコード会社が素晴らしい演奏と録音を残し
たが、60年代中頃より米RCAをはじめ、多くのレコード会社
の録音が寂しいものになっていく中、デッカとEMIの英国勢
は好録音を残し続けた。

今回紹介するショルティ/ストラヴィンスキー:春の祭典も70
年代の英デッカを代表する一枚。

SXL6691j.jpg
ショルティ/ストラヴィンスキー:春の祭典
英デッカ SXL6691

定位のよさ、奥行き感が見事で、弦楽器の合奏では楽器の傾き
が見える気がするし、管楽器の受け渡しの部分では移動する様
が手に取るように分かる。低域は気持ちいいくらいよく伸びて、
オーディオ的快感が得られる。これは70年代の特徴であり美点
でもある。

このレコードを聴いて音が悪いと感じたら、オーディオ装置に
どこか不備があると思うべきで、我が家のオーディオの調整時
にしばしば登場するレコードであり、その信頼に足る音質。

海外での評価は非常に高く、オークションでも高値で取引され
ているが、日本では思いのほか評価が低く不思議。

以前にも書いたが、R・シュトラウスとストラヴィンスキーは
ちょっと苦手な作曲家だが、レコードとしてみると両者とも好
録音が多い。

理由は色々あろうが、バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト
といった作曲家の決定版ともいえる演奏のレコードがすでにあ
る60年代には次なるターゲットとして上記二人や、ブルックナー、
マーラーといったところが取り上げられ、いい時期にレコード
化されていったからではないかと思っている。

1951年、バイロイトのオープニングはフルトヴェングラーによ
るベートーヴェンの第九だった。つまり、聴衆はベートーヴェン
を待っていた。

1960年頃、カラヤン移籍初のレコードはDGには「英雄の生涯」、
英デッカには「ツァラトゥストラはかく語りき」を録音し、何れも
R・シュトラウスを取り上げている。

そして、70年代の後半からバロックにおける古楽器が台頭し、
デジタル録音が始まる。

スピーカーもタンノイオートグラフのように実在感ありありの
大型からARのようなパワーを入れてブルンブルン鳴らす小型
ブックシェルフになり、現代は音場を見るような、細身で奥行
きの深いタイプと主流が変わってきている。

ちょっと強引なこじ付けで、ベートヴェンの交響曲全集は何れ
の時代でも登場しているのだが、録音技術やオーディオ機器、
サウンドは当然として、作曲家、演奏者も時代の流れにに呼吸
するように変化している気がする。

今は何が来ているのだろう。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加しています。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。


音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | レコード紹介:S〜V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。