2010年05月25日

どれがベスト?(その2) 〜 ボールト/ホルスト:惑星


昨日の続きで、エイドリアン・ボールトのLP4枚の聴き比べ。
二枚の米WESTMINSTER盤の比較では断然モノラルの
方がいい。

三番目は英HMVのSC盤。

3ASD2301j.jpg
英HMV ASD2301

久しぶりに聴くと「アレ?こんなだったかな」と思うくらいの
スローテンポ。弦、管、打楽器の呼吸がズレる箇所が所々目立
つ。聴き進むうちにテンポには慣れたが、ズレの違和感は最後
まで残り、聴き馴染んだ演奏だっただけに意外な結果。

音も本盤よりサージェントのWG盤の方が数段上なので、演奏
に違和感を感じてしまうと所有する必要性がなくなる。


最後は英EMIの白黒スタンプ盤。

以前、ビショップ=パーカー録音で紹介したもの。

4ASD3649j.jpg
英EMI ASD3649

前回以上にスケールの大きい演奏ながら、ビシッと決めるとこ
ろを決めるので爽快感もある。ゆったりと静かに音楽が淀むこ
となくスムーズに流れ、全曲を通じて一貫性があり、ここまで
徹底してもらうと聴いていて気持ちいい。

録音も派手な感じが控えめできわめて自然。決してレンジが狭
いのではなく、必要ならばいくらでも出せますよ。みたいなゆ
とりと底力を感じる。


4種の比較では78年録音の演奏が最もよく、以下53年、66年、
59年となる。66年録音はよく聴いたレコードだったので、今回
こんなに違和感を感じるとは思わなかった。


ボールトはビーチャム、バルビローリの陰に隠れ、彼らの没後、
70年代に注目された感がある。確かに米ウエストミンスターや
英デッカをはじめ多くのレーベルに録音し、ヘンデルのメサイヤ
等の名演を残したが、やはり彼らと比べると人気は今ひとつ。

今ボールトのCDがどれほど発売されているのかは知らないが、
奇を衒わず、肩の力の抜けたさりげない指揮で地味ながら滋味
に溢れ、エルガーやヴォーン・ウィリアムズといった英国音楽
だけでなく、ブラームスやワーグナーといったところも是非聴
いて頂きたい。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


posted by メタボパパ at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | レコード紹介:E〜I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。