2010年05月24日

どれがベスト? 〜 ボールト/ホルスト:惑星

 
ホルストの”惑星”はバッハ、ベートーヴェン、モーツァルト
とは同列に語れないものの比較的好きな曲で、何枚も買ったり、
売ったりしてきた。

ただでさえ、このレコードは、”音がいい”からと複数枚持っ
ていて、何枚も売ったにもかかわらず、いつの間にか増えてし
まう。

何枚あってもよく聴くレコードはいつも英デッカのメータ盤か、
英EMIのサージェント盤、プレヴィン盤と決まっている。
(初期盤にハマる前はデュトワ盤だった)

サー・エイドリアン・ボールトはこの曲の初演者で5回も録音
している。

@BBC交響楽団(1945)
Aロンドンフィルハーモニックプロムナード管弦楽団(1953)
Bウィーン国立歌劇場管弦楽団(1959)
Cニューフィルハーモニア管弦楽団(1966)
Dロンドンフィルハーモニー(1978年)

レコードの整理で、このうちLPになってからの4枚を持って
いることに気が付いた。

 今頃気づいたの!

のご意見はあろうかと思いますが、今回ばかりはさすがに本人
も、これは持ちすぎだろうと反省し、聴き比べて選別しようと
思った。


手持ちで一番古いのは米ウエストミンスターのモノラル盤で、
レコーディングは英Nixa。

1WL5235j.jpg
米WESTMINSTER WL5235

ピシッ、ピシッと弦が粒立ちがよくリアルで、”松脂が飛ぶ”
は、このレコードの方がピッタリくる感じで、ボールトの指揮
もキビキビと俊敏で勢いがあっていい。

モノラルのため、広がりがないのが恨みだが、ギュッと凝縮さ
れた密度の高いサウンドは魅力的。タンノイオートグラフで是
非とも聴いてみたくなった。


次いで同じウエストミンスターのステレオ盤。これは再発盤な
ので、レコードとしては最初から分が悪い。

2WST14067j.jpg
米WESTMINSTER WST14067

弦セクションがバーっと広がりしなやかさは魅力的だが、厚み
が不足しやや薄っぺらな印象。演奏も変に緩急がつきすぎて活
き活きとした音楽が流れず、変な停滞感があって今ひとつノレ
ない。

演奏と関係ないが、木星の途中でB面にしなければならないの
は本盤だけ、ここでの反転には大いに不満が残る。

長くなるので次回につづく。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:E〜I | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。