2010年05月15日

今度は英、仏聴き比べ、そして 〜 カラヤン/バッハ:ロ短調ミサ

 
まさに今週はカラヤン三昧。元々モノラル期のカラヤンは大好
きで、高校時代に夢中になって聴き耽ったころを思い出した。

当時はフルトヴェングラー、カラヤン、オーマンディが好きな
指揮者で、フルトヴェングラーはベートーヴェン、カラヤンは
モーツァルト、オーマンディはグリーグとシベリウスというす
み分けが自然に出来ていた。

このロ短調ミサはカラヤンで初めて聴き、カラヤン好きになっ
た記念すべき一曲でこのことは以前のブログで書いた。

ロ短調ミサは、マタイと比較しするとやや劣る感は否めないが、
ことグロリアに関しては、緊張感、迫力といい、敬虔さといい、
マタイと肩を並べる名曲。レコードは3枚組だが、1面でこと
足りてしまうのがチト勿体ない。

曲を知らずにボリュームを上げて聴き始めたら、冒頭の合唱の
ド迫力に圧倒されること請け合い。私が初めて聴いたときは、
鳥肌が立って、胸がキューンと締め付けられられた。

初期盤にハマった頃、英盤を買ったが音が悪く、何度も買い直
し、仏盤も買ったものの、結局は再発盤が一番いいのかと思っ
ていた。

ここ最近の仏盤の大躍進で、もしかしたら? と思い、英盤と
仏盤、そして再発盤の三組を比較した。

仏独ロ短調.jpg
左から英盤:33CX1121−3、仏盤:FCX291−3
同じデザインでも配色の違いで印象が全く異なります。

昨日のイコライザー調整でマッキントッシュC40の150Hzを動
かせば、仏盤でも、独盤でも一応の満足が得られることが分か
っているので、それぞれ調整して試聴。

結果から言えば、抜きん出ていたのは仏盤だった。もう少し上
方向に音場が広がれば、モノラルとは思えないくらい立体的で、
これがSAXのBS盤で出ていたら一体いくらになっていたの
だろうかと余計な想像が広がる。

仏ロ短調.jpg
仏盤はインナーも美しいです。

英盤が以前思っていたほど酷くなく十分楽しめ、以前、我が家
で音が悪く、師匠の家でも同じだったので、装置が変わっても、
音の悪いレコードはダメなんだと思っていただけにこの結果は
意外だった。


〜 宮崎の口蹄疫問題について 〜

コメントを頂いたちーこさんより、宮崎の口蹄疫問題について
世論で政府を動かすしかないという現場の悲鳴が届きました。

又聞きで書くと事実を曲げてしまいそうで怖いので詳しくは
こちらをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ちーこの子育て日記

ブログの小さな輪から、大きな力になることを願いつつ...


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

人気ブログランキングにも参加しています。
こちらにも素敵なブログが沢山ありますので覗いてみてください。

人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ

音楽ブログランキングにも参加し始めました。
重複するブログもありますが、こちらも覗いてみてください。

音楽ブログランキング


  
posted by メタボパパ at 00:22| Comment(6) | TrackBack(0) | レコード紹介:A〜D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。