2010年03月10日

米RCAヴィクターのレーベル変遷(6)〜ソリア・シリーズ〜


ライナー指揮、ヴェルディのレクィエムでも少し紹介したが、
ソリア・シリーズは美しい解説書がつき、装丁も豪華で所有す
る喜びを与えてくれる。

LDSで始まるソリア・シリーズは、交響曲や室内楽も含まれ
るが、やはり組物に所有欲をそそられるし、DECCAチーム
による録音で音質も極上。

カラヤン指揮、ビゼー:カルメンのSACDも豪華仕様で発売
されたが、実際に手に取ったとき、どちらに魅力を感じるかは
明らかだろう。

soria.jpg
美しく豪華な解説書

しかし、初期の頃に比べ、徐々に解説書や装丁が簡略化され、
カラヤンのプッチーニ:トスカなどは普通の組物だし、録音も
チト寂しい。(所有品は5Sなので1Sの装丁や音質がどうか
までは分かりません)

レーベルデザインは以下の3種類。(持っている限りですが)

11 LDS6077-1.jpg
11:SD盤(LSD6077)

LSCと同様のSD盤。LSCの3:TMK(S)マーク盤に該当。
音もLSCの初期のように米RCAヴィクターのリッチでゴー
ジャスなサウンドで素晴らしい。


次いでニッパー犬のいないND(No Dog)になる。

同じレコードで1SがSD、9SがNDのレコードがあるので
WDはないのではないかと思っているが、実際のところよく分
からない。

12 LDS6155.jpg
12:ND LIVING STEREO盤(LDS6155)

13 LDS7022.jpg
13:ND STEREO盤(LDS7022)

ND盤はLSCのWD盤と同様に音の魅力が褪せているように
感じるのだが如何でしょう?

特にセラフィン盤(LDS6155)は音が悪く感じる。1960
年の米RCAヴィクターがまだ輝いていた時期の録音なので、
腑に落ちない。録音からスタンパーが作られるまでに時間が経
過していたのか?

1959年録音で番号がもっと後のビーチャム/ヘンデル:メサイヤ
(LDS6409)がSD盤で、なおかつ音がいいだけにこの
あたりは、何とかして詳細情報を仕入れたい。

番号とレーベルデザインの関連は、LDS2300番台はSD、
2500番台はND、6000番台はSDとNDが混在して、
7000番台はNDだと思います。

ソリア・シリーズについては、なかなか複数枚購入することも
ままならず、色々聴き比べるまでには至りません。詳細をご存
知の方、コメントをお願いします。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

posted by メタボパパ at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | レーベル RCA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。