2010年03月28日

浅田真央ちゃんふたたび 〜 コンドラシン/ハチャトゥリアン:仮面舞踏会

 
世界フィギュアスケート選手権の女子ショートプログラムを
TVで見ていて、バンクーバー・オリンピックの興奮再び!
って感じで我が家では大いに盛り上がった。

LSC2398j.jpg  LSC2398.jpg
コンドラシン/ハチャトゥリアン:仮面舞踏会
米RCA LSC2398

この曲、もともと米RCAを代表する超高音質レコードで、
オーディオファイルの中でも必須の一枚とされていたが、今
や、浅田真央ちゃんの曲として世界中に浸透している。

この曲を使ったオリンピックのショートプログラムの真央ち
ゃんは、キム・ヨナ選手に得点では及ばなかったが、最高の
演技だったのに、レコードで聴くとフリー演技の方が思い出
されて、払拭することが出来ない。

ところが今日は少し様子が違った。浅田真央ちゃんが大歓声
の中で演技をしているのに、暗闇に一本のスポットライトが
当たっている中で、何故か一人で必死にクルクルと回ってい
る姿が頭に浮んで離れない。

 もういいよ。十分頑張ったよ。

といくら叫んでも、真央ちゃんはこの曲に取り憑かれたよう
に踊り続けている。

演技が終わっているのに、いつまでも頭の中で真央ちゃんは
涙を流しながら踊り続けていた。まるでピエロのように。

カバレフスキーの道化師がこのレコードのカップリング曲だ
からだろうか?

きっとこの曲を聴く度にこのシーンが現れて、もう頭から離
れることはないだろう。


今回のSPで不調だったキム・ヨナ選手だが、点数が低いの
は、幼稚園の娘曰く、

 手がカンチョー!の形になっているから。

だそうで、これを聞いてみんなで笑ってしまった。

カンチョーの手はともかく、今回のキム・ヨナ選手への我が
家の声援は今まで以上だった。

というのも、韓流ドラマ”華麗なる遺産”にハマリ、韓国に
対して親近感を持っているからで、娘も

 ウンソン(華麗なる遺産の主人公)と同じの国の人
 なんでしょ。何か応援しちゃうよね。

といっていた。

この”華麗なる遺産”は残り二回で終了する。関東地区しか
やっていないのかも知れないけど、見ることが出来る方は是
非予約して見て下さい。きっとハマっちゃうと思います。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介:J〜M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

Lyrita(リリタ)レーベル 〜 アーノルド/舞曲集

 
英国音楽専門のレーベルにLyrita(リリタ)というレーベルが
ある。

実業家であり、レコードコレクターだったリチャード・イッター
は、音質の悪いレコードを聴いて、最高の音質のレコードを作ろ
うという高い志で1958年に創立。

初期はイッターの自室で録音されたらしいが、その後英デッカの
録音、プレスで発売されたが、英デッカがポリグラム傘下となり、
この関係も終了したらしい。

イギリスの作曲家中心なので、名前を聞いてもよく分からないし、
比較的地味な曲が多いのですが、今まで手にしたレコードは数少
ないけれど、いずれも超優秀録音。

SRCS109j.jpg  SRCS109.jpg
アーノルド指揮、アーノルド:舞曲集
Lyrita SRCS 109

このアーノルドの舞曲集はその中でも最高傑作として有名だし、
なめらかな弦とふんわりとした木管、金管もピカピカな感じでは
なく、少しくすんだ輝きで、ホール内を響きながら広がる様は実
に見事で、英デッカほどの鮮烈さはないけど、しっとりとした味
わい深い名録音です。

しかしながら、このレコード以外だってどれもこれも優秀なので
外れはなく、ボールド指揮、エルガー交響曲第2番などは優秀録
音のEMI(ASD3266)盤よりいいと思います。


その後、倒産なのか活動停止なのかよく分からないが、姿を見せ
なくなり、2006年頃だったか、これらのレコードたちがCD化さ
れ話題になったものの、1枚も持っていないのでレコードでしか
ご紹介できないし、CDではジャケットデザインも変わっている
のですが...

 http://www.lyrita.co.uk/ ← 公式ホームページはこちら

にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レーベル その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

チェロ・アンコール プリ

 
チェロはマークレヴィンソンが興したブランドで、マーク自身
がマークレヴィンソンを譲り渡し、その後しばらくしてイコラ
イザーを有したチェロオーディオパレットとともに私達の目の
前に再登場した。

マークレヴィンソンのアンプにせよチェロのアンプにせよ、学
生がいくら逆立ちしても買える代物ではなかったが、中学の頃、
マークレヴィンソンとタンノイオートグラフの組み合わせに魅
せられた男としては、常に気になる存在であった。

チェロの現物を見たのは、御茶ノ水のオーディオユニオンで、
音を聴くことは出来なかった。

その後、音を聴くことが出来、

 やっぱり、マークレヴィンソンはいいな。

と思える音であった。

チェロのアンコールは小改良があって、1MΩが広く出回って
いるが、私のお気に入りはその前のタイプで、引き締まってい
るが、1MΩにはないふくよかさも兼ね備えている。

アンコール.jpg
チェロアンコール

しかし、このアンプ外乱に弱く、電波をよく拾ってしまい、普
通にレコードを聴いていてタクシーの無線が突然聴こえてきた
のには驚いた。

シールドテープを巻いたり、アースを取ったりしたが、効果が
なくイライラする日々が続いて、アコースティックリヴァイヴ
のスーパーアースリンクRE−9を半信半疑で使用し、ようや
くこのノイズとの戦いが終わった。

このとき味わった静寂感は気品を感じさせるほど、無音の美し
さを兼ね備えていた。

逆にいえばアコースティックリヴァイヴRE−9の効果は絶大
だったともいえる。

チェロアンコール+アコースティックリヴァイヴRE−9の組
み合わせ以降、しばらくは本当に満足して聴いていた。その後
初期盤にハマリ、マッキントッシュに乗り換えてしまったのだ
けど...

今では、チェロアンコール→アキュフェーズC240→
マッキントッシュMC240→タンノイオートグラフの組み合わ
せと、チェロアンコール→パスラボアレフ0s→JBLS3100
の組み合わせで楽しんでいる。


にほんブログ村のピュアオーディオとクラシック鑑賞に参加しています。
素敵なブログが沢山あります。 よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

  
posted by メタボパパ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。