2010年02月19日

アクシデント発生!(その1)


早朝、奥さんの

 早く来てー!

と叫び声が聞こえ、何事かと階下に下りていくと、うずくまってい
る奥さんの姿。

 どうしたっ。

と聞くと

 立てない。腰が...

ぎっくり腰である。 思わず、プッと吹きだしたが、この時、自分
に災難が降りかかってこようとは思っても見なかった。

息子が食物アレルギーのため、給食と同じメニューで毎日お弁当を
作っているのだが、奥さんがこの状態ではその準備が出来ない。

しかも、末娘の幼稚園の参観日、息子の学習発表会が重なっている
のでこれにも出席しなければならない。

それと、床に突っ伏した奥さんを放置するわけにもいかず、病院に
連れて行かなければならない。

まず、小学校に行く前にお弁当を作らないといけないので、奥さん
の指示のもと、ロボットのごとく動いて何とか作りきった。

小学校の子供たちを送り出して、ドッと疲れが出たが、休んでいる
ひまはない。末娘にご飯を食べさせることと幼稚園の用意が待って
いる。

状況を把握していない末娘は、

 髪を結わえて! こんなんじゃヤダ!

と主張するが、何度やってもうまくいかない。グズる娘に

 ママはお病気だから今日は、そのままで行って。

といったら、今度はママが心配で仕方がない。

 大丈夫なの? 病院に行くの? ママは幼稚園に来ないの?

等々、質問攻め。

 病院に行くから大丈夫だけど、幼稚園はパパが行くから先生に
 お話しておいて。

ようやく納得し、幼稚園バスに乗っていった。

やっと夫婦二人っきりになり、奥さんの相手が出来るようになった
が、靴下がはけない、ズボンがはけない。体勢を変えることも一苦
労。まるで大きい赤ちゃんみたいだが、ズシリと来る重さはハンパ
ではない。ちょっとでも油断したらこっちがぎっくり腰になる。

車に乗せるのも大変で、足も上がらないし、シートにも座れず、横
たわったまま、一路病院へ。

病院でもスリッパを自分では履くことも出来ず、立ってはいるが、
もう座れない状態。

しかし、末娘の参観の時間まであとわずか、そこで、先生に奥さん
を預け、終わったらそのまま病院で待たせてもらうようにお願いし
て、すぐに娘の幼稚園に向かった。

*******************************

洗濯が終わったようなので、これから干します。今日はヘロヘロ。
続きはまた明日。

posted by メタボパパ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

レコードを整理して見えてきたもの(その2)


デジタル録音時代のレコードは、我が家のレコード棚(三軍)では
レーベル別のカタログナンバー順に並べた。

すると、独グラモフォン盤の数が俄然増えてくる。
(アバド、シノーポリ、晩年のカラヤン等)

70年代の独グラモフォンの音が今ひとつ好きになれないので、持っ
ているのも、ポリーニのショパンやC.クライバーぐらい。

以前、バーンスタインのマーラー全集を持っていたが、初期盤に、
はまった頃、全て売ってしまい、今や高値で取引されていて、ちょ
っと悔しい気分。

デッカも数は減っているが、デュトワ、シャイー等があり、当時結
構聴いていたのを思い出した。(出るのと同時に買っているから、
ペナペナの極薄だが、これはこれでオリジナル盤か。)

EMIはほとんどなくなり、ムーティやハイティンクがわずかにあ
るくらい。

自分のレコード棚だが、こうしてみると、ステレオ初期は、RCA、
EMI(コロンビア、HMV)、DECCA、米コロンビア、そして
マーキュリー、60年代後半〜70年代はEMI、DECCA、80年代
は独グラモフォンがお気に入りだということが分かる。

意識、無意識に関わらず、集まったものを見るとこの結果。

モノラル盤の勢力図は、ステレオ盤とはまた違うレーベルが台頭し
ているのでこちらも見ていて面白い。

皆さんもレコードを棚から出して、再びしまったり、分類を変えて
整理してみると、自分の好みが分かるかも知れませんね。

posted by メタボパパ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

レコードを整理して見えてきたもの(その1)

 
溢れかえったレコードを3グループに分けて整理した。
(一部オペラのBoxとフルトヴェングラーとカラヤンは別分類)

一軍はよく聴くレコードで作曲家&曲順、二軍は聴く頻度の少ない
初期盤と別国盤のカタログナンバー順、三軍はほとんど聴かない初
期盤と、デジタル録音盤、再発盤のカタログナンバー順とした。

まず、一軍は作曲家順なので、どの作曲家のレコードが多いかが分
かるのと、曲目が一緒で演奏家が異なる盤が、となり合わせになっ
ているのでどの曲が多いのかが分かる。

バッハやベートーヴェンといったものが少なく、チャイコフスキー
やエルガーが多い。

ベートーヴェンは自分の中での決定盤が明確なので、曲と演奏家が
限られ、もう一方のエルガーなどは「威風堂々」が何枚もあるが、
どれがいいと決めるほど真剣に聴いていないからだ。

だから、レコード枚数と何が好きかは全く無関係。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、ほとんどハイフェッツしか聴
かないくせに、

 こんなにあっても仕方ないだろー!

と思うほど一軍にあって、デ・ヴィートやマルツィ、オイストラフ
などは高値で売れるのでどうしようか本当に迷った。

まあ、これは整理する前から気づいていたことだが、本人が驚いた
のはプレヴィンと、メータとショルティのレコードが多いこと。

60年代後半から70年代のレコードはほとんどこの3人で占められる。
この時代のEMIとDECCAの看板指揮者だったのと、米RCAや
独グラモフォンのレコードにあまり魅力を感じないからだろう。

しかし、いくら録音が良くても嫌いな演奏家なら買わない筈だから、
意識していないけど好きな演奏家なのだろう。

そして、ステレオ初期の魅力溢れるレコードは高価ゆえ、欲しくて
もあまり持っていないので、必然的に上記三人のレコードが多くな
ったのだと思う。

これらのレコードはリンマジックLP12でかけると非常に魅力的
に鳴ってくれる。我が家の装置ではこの時代のレコード達と相性が
いいのかも知れない。

本当は、もう少し時代をさかのぼったモノラルからステレオ初期も
もっと美味くなって欲しいのだが...

そのステレオ初期は、米RCA、EMI(コロンビア、HMV)、
DECCA、米コロンビア..と、ここまではお気に入りの演奏家
がいるので分かるが、以外にマーキュリーがレーベルでは多いこと
に気づいた。

やはり黄金の録音時代はこれらのレーベルに集約されるのだろうか。

  
posted by メタボパパ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。